Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米国、ガザの戦闘を巡りイスラエルへの対応についてアラブ諸国の指導者に働きかける

米国、ガザの戦闘を巡りイスラエルへの対応についてアラブ諸国の指導者に働きかける

パレスチナ市民防衛隊の隊員が、火曜日にガザ南部でイスラエル軍の砲弾を受けたペンキ倉庫の火災を消火している(AP通信)
パレスチナ市民防衛隊の隊員が、火曜日にガザ南部でイスラエル軍の砲弾を受けたペンキ倉庫の火災を消火している(AP通信)
Short Url:
19 May 2021 03:05:30 GMT9
19 May 2021 03:05:30 GMT9
  • ブリンケン氏は戦闘に関して国連安全保障理事会が全会一致し得た声明を阻止した米国の決定を擁護する
  • ブリンケン氏は、モロッコとバーレーンの外相と会談したことを明らかにした

アントニー・ブリンケン国務長官とその特使は、イスラエルとガザ地区を支配するハマスとの間で戦闘が続く中、パレスチナとアラブ地域の指導者たちに接触したが、バイデン政権が「静かな外交」と呼ぶものを維持しながら、即時の停戦を迫ることを拒んでいる。

ブリンケン氏は、ロシアと北欧諸国を中心とした関連性のない訪問中にスピーチを行い、戦闘とその民間人の犠牲者に関して国連安全保障理事会で全会一致したであろう声明を阻止した米国の決定と、2014年以来最悪のイスラエル・パレスチナ間の戦闘に対する米国の全体的なアプローチを擁護した。ジョー・バイデン大統領は、月曜日にベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談し、停戦への全体的な支持を表明したが、数十人の民主党議員とともに停戦を要求するには至らなかった。

米国の外交官は、「我々の目標は、現在の暴力の連鎖を終わらせること」、そしてその後、永続的な和平を構築できるプロセスに戻ることに変わりはないと述べた。

ブリンケン氏は、最近イスラエルとの関係を正常化しようとしているアラブ諸国のうち、モロッコとバーレーンの外務大臣と話をしたと述べた一方で、イスラエルにいるアメリカのハディ・アムル特使は、パレスチナ自治政府のアッバス議長と話をしたという。

ハマスの新たなロケット弾攻撃とイスラエルの空爆が9日も続く中、米国の継続的な働きかけは、同盟国との協力関係を重視し、イスラエルを公に批判することを控えてきた政権の表れである。少なくとも213人のパレスチナ人と12人のイスラエル人が死亡した。エジプトをはじめとする停戦仲介の動きは停滞している。

攻撃が続き、政権がイスラエルの戦闘地域での行動に異を唱えることに難色を示しながらも、より積極的な対応を迫られている中、バイデン氏は、ホワイトハウスが発表した3日ぶり2度目のネタニヤフ首相との電話会談の中で、停戦への全体的な支持を慎重な言葉で表明した。同政権はまた、米国の外交政策の中心を中東のホットスポットやアフガニスタンから遠ざける決意を表明している。

バイデン氏の停戦に関するコメントは、これまでの政権が停戦を原則的に支持すると表明した際と同様、決定的でない発言であった。

バイデン氏はまた、「罪のない市民を確実に保護をするために、イスラエルがあらゆる努力をするよう促した」とホワイトハウスは発表している。

政権関係者によると、支持を表明し、明確に停戦を要求しなかったのは意図的なものだという。バイデン氏と側近たちは、流血と罪のない人々の犠牲が増えていることを懸念しているが、敵対行為の即時停止を要求しなかったのは、イスラエルのハマスから自衛権を支持するというホワイトハウスの意向を反映したものだと、関係者は匿名を条件に語った。

一方、欧州連合(EU)の外相は火曜日に会合を開き、イスラエル軍とパレスチナ過激派の戦闘を終結させるための外交努力を支援するために、27カ国からなるEUの政治的影響力をどのように活用するかを議論した。EUは、今回の紛争を終結させるために停戦と政治的解決の必要性を訴えて一致しているが、各国はどのように支援するのが最善かについて意見が分かれている。

ネタニヤフ首相は月曜日遅く、イスラエルの治安当局者に対し、イスラエルは「すべてのイスラエル国民に平穏と安全を取り戻すために、必要な限り」ガザの「テロ目標を攻撃し続ける」と述べた。

これとは別に、イスラエルの最大の同盟国である米国は、イスラエルとパレスチナの対立が激化し、民間人が犠牲になっていることに「深刻な懸念」を表明することで15カ国の国連安全保障理事会が全会一致したであろう声明を月曜日に阻止した。このような阻止は3度目である。アメリカが最後に拒否権を行使したことで、少なくとも今のところ、安保理声明は消滅した。

ブリンケン氏は、米国が「外交の邪魔をしているわけではない」とし、国連の声明は暴力の終結という目標を前進させるものではないと述べた。

「国連を含めて、状況を前進させることができる何かがあると考えれば、我々はそれに賛成するだろう」とブリンケン氏は述べた。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官とジェイク・サリバン国家安全保障顧問は、米国は代わりに「静かで集中的な外交」に注力していると述べた。

上院院内総務のチャック・シューマー氏は月曜日、数十人の民主党議員、そして1人の共和党議員と無所属のバーニー・サンダース上院議員とともに、双方による停戦を呼びかけた。民主党の有力議員である下院情報委員会委員長のアダム・シフ議員は、週末に関与を強めるよう政府に迫った。

しかし、ケンタッキー州選出のミッチ・マコンネル上院少数党院内総務は、月曜日に上院の議場で、議員らが停戦要求にイスラエルを含めていることを非難した。

マコンネル上院院内総務は、「双方が緊張を緩和する必要があると言えば、そもそも紛争を引き起こしたテロリストの責任を軽視し、イスラエル人には現在進行中のロケット弾攻撃から身を守る権利がないことを示唆することになる」と述べた。

フロリダ州選出のリック・スコット上院議員は、19人の共和党上院議員を率いて、イスラエル側の戦闘を支持する決議を発表した。彼らは来週、法案の提出を試みる予定である。

AP通信

特に人気
オススメ

return to top