Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 15歳のパレスチナ人がイスラエル兵に射殺される

15歳のパレスチナ人がイスラエル兵に射殺される

モハマド・ハマエルさん(15歳)の葬儀で嘆き悲しむパレスチナ人女性たち。ハマエルさんは、ヨルダン川西岸地区のベイタで2021年6月11日に起きたイスラエル治安部隊との衝突で死亡した。(写真/AP通信・マジディ・モハメド)
モハマド・ハマエルさん(15歳)の葬儀で嘆き悲しむパレスチナ人女性たち。ハマエルさんは、ヨルダン川西岸地区のベイタで2021年6月11日に起きたイスラエル治安部隊との衝突で死亡した。(写真/AP通信・マジディ・モハメド)
2021年6月11日、モハマド・サイード・ハマエルさん(15歳)の遺体が占領下のヨルダン川西岸地区の墓に運ばれる際に反発を示すパレスチナ人男性たち。ハマエルさんは、デモに続いて起きたイスラエル治安部隊との衝突で金曜日に死亡した。(AFP通信)
2021年6月11日、モハマド・サイード・ハマエルさん(15歳)の遺体が占領下のヨルダン川西岸地区の墓に運ばれる際に反発を示すパレスチナ人男性たち。ハマエルさんは、デモに続いて起きたイスラエル治安部隊との衝突で金曜日に死亡した。(AFP通信)
Short Url:
12 Jun 2021 04:06:11 GMT9
12 Jun 2021 04:06:11 GMT9
  • 5月上旬、ヨルダン川西岸地区では暴力行為が増加し、イスラエル軍との衝突やイスラエル軍の攻撃とされている行為により、少なくとも30人のパレスチナ人が殺害された

ラマッラー:10代のパレスチナ人が金曜日、ヨルダン川西岸地区で起きた衝突の最中にイスラエル軍に撃たれて死亡した。パレスチナの医療関係者と保健省が明らかにした。

パレスチナ赤新月社によると、ナブルスの南にあるベイタの近くで起きたイスラエル軍との衝突で、モハマド・サイード・ハマエルさん(15歳)が死亡した。

パレスチナの保健省は、さらに6人が実弾射撃で負傷したと明らかにした。

イスラエル軍は、現時点でAFPによるコメントの求めに応じていない。

パレスチナの通信社「WAFA」によると、今回の衝突は「イスラエルが村の近くに植民拠点を建設することに反対する抗議行動」の最中に起きたもので、抗議行動に対してイスラエル軍は実弾や催涙弾を使用したという。

5月上旬、ヨルダン川西岸地区では暴力行為が増加し、イスラエル軍との衝突やイスラエル軍の攻撃とされている行為により、少なくとも30人のパレスチナ人が殺害された。

5月の暴力行為は、イスラエル占領下の東エルサレムで緊張が高まる中で起きた。この暴力行為は、包囲された土地であるガザ地区のハマス戦闘員を11日間にわたってイスラエルが空爆する事態につながった。

ヨルダン川西岸地区の村では、土地の収用、家屋の取り壊し、国際法上違法とされるイスラエルの入植地に反対するデモが金曜日によく行われている。

これらのデモはイスラエル軍との衝突でしばしば中断される。

280万人以上のパレスチナ人が暮らす占領下のヨルダン川西岸地区には、約47万5000人のイスラエル人入植者が住んでいる。

AFP通信

特に人気
オススメ

return to top