Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノンの訓練機が地中海に墜落し、2人が行方不明

レバノンの訓練機が地中海に墜落し、2人が行方不明

2021年10月13日、首都ベイルートの北にある町、ハラトの沖合で小型訓練機が墜落し、捜索活動を行うレバノンの沿岸・救助隊員。(AFP通信)
2021年10月13日、首都ベイルートの北にある町、ハラトの沖合で小型訓練機が墜落し、捜索活動を行うレバノンの沿岸・救助隊員。(AFP通信)
Short Url:
14 Oct 2021 03:10:31 GMT9
14 Oct 2021 03:10:31 GMT9
  • セスナ172は、ベイルートを離陸してから20分足らずで航空レーダーから消えた。

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノン航空クラブ所属の民間訓練機が13日朝、地中海に墜落し、搭乗していた2人が行方不明になっていると、レバノン軍が発表した。

墜落現場はビブロスに近いハラト沖で、現地ではパイロットのアリ・ハジ・アフメド氏と学生パイロットのパスカル・アブデル・アハド氏の捜索活動が続けられている。

レバノン民間航空総局によると、セスナ172型機は現地時間13日午前10時6分にベイルート・ラフィーク・ハリーリ国際空港を離陸した。その後20分足らずで、航空機はハラト地区の海上で航空レーダーから姿を消した。

「機長は管制塔に連絡せず、遭難信号も出さなかった。これは不可解だ」と、レバニーズ・プレイン・スポッターズのクリス・カシューフ氏がアラブニュースに語った。

レバノン海軍、空軍、民間防衛隊が捜索活動に参加している。

レバノン民間防衛局の関係者は、「捜索は、ハラトのビーチから1キロ離れた、水深30から35メートルの広い範囲で集中的に行われた」と、レバノン民間防衛隊のある情報筋が語った。「民間防衛隊のダイバーらは、この地域の潮の流れや風により、非常に繊細な状況の中、交代で捜索活動を行った」。

未確認情報によると、パイロットの健康に異変が生じたため、アブデル・アハド氏が管制塔に連絡したとしている。

しかし、レバノン航空クラブの役員のミシェル・アブード氏は、この主張を否定した。

「飛行機は通常、管制塔と継続的に連絡を取っており、飛行機の搭乗員から不具合の報告はなかった」と、同氏は述べた。

1923年に創設されたレバノン航空クラブは、民間パイロットを養成し、ライセンスを提供するレバノンの3つの航空訓練センターの1つだ。墜落したセスナ172型機は、通常、訓練飛行に使用され、パイロットを含めて3人までしか乗せることはできない。

同様の事故は7月8日にも発生しており、3人を乗せたセスナ172が、承認された飛行計画から逸脱してベイルートの北36kmに位置するゴスタ地区に墜落した。

この飛行機はオープン・スカイが所有し、観光目的のフライトだった。パイロットと乗客2人は死亡した。

「ゴスタの事故でも、機長が管制塔に連絡せず、状況の特異性を強めている」と、カシューフ氏は述べた。「調査結果はまだ公開されていない」

レバノンのバサム・マウラヴィ内務大臣はボートで墜落現場に向かい、レバノン軍と民間防衛隊のチームの救助活動に関して説明を受けた。

「救助艇は墜落現場を四角く分割し、ダイバーが全域を調べられるようにした」と、マウラヴィ氏は語った。「装備を備えた多くのボランティアが救助活動を手伝っている」

マウラヴィ大臣はまた、レバノン公共事業省に対し、全ての航空訓練機の点検を行う追加対策を講じることも求めた。

「このような事故が繰り返されないように、公共の安全の確保の一環として取り組む」と、同氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top