Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • バイデン氏、イエメンのフーシー派のテロ組織再指定を検討

バイデン氏、イエメンのフーシー派のテロ組織再指定を検討

2022年1月19日、ワシントンのホワイトハウスで行われた記者会見で、会見に応じるジョー・バイデン米大統領(AP写真/スーザン・ワルシ
2022年1月19日、ワシントンのホワイトハウスで行われた記者会見で、会見に応じるジョー・バイデン米大統領(AP写真/スーザン・ワルシ
Short Url:
20 Jan 2022 12:01:13 GMT9
20 Jan 2022 12:01:13 GMT9

ワシントン: バイデン米大統領は、イエメンのフーシー派を国際テロ組織として再度指定することを検討していると述べた。

このバイデン氏のコメントは、水曜日のホワイトハウスの記者会見で行われたもので、アラブ首長国連邦(UAE)で、3人が死亡した越境攻撃を受けたものである。現在、イエメンのほとんどの地域を支配している武装組織であるフーシ派が、この攻撃の犯行を主張した。

攻撃には、ミサイルおよびドローンの両方使用し、燃料貯蔵所および国際空港で射撃を開始した。この攻撃により、UAEおよびサウジアラビアが、米国はフーシ派に対するテロ集団指定を回復するよう要求した。

バイデン政権は和平交渉を急いで開始したものの、イエメンでの8年間の戦争を終結させることに成功しなかったため、就任直後にその指定を解除した。

援助団体は、米国の実体による相互作用を制限するテロ指定が、貧しい湾岸諸国のイエメンでの人道的活動を複雑にしていると不満を述べていた。バイデンは水曜日にテロリストの指定を元に戻すことが検討されていると述べた。

国防長官のロイド・オースティン氏は、水曜日の初めにアブダビの皇太子であるムハンマド・ビン・ザーイド殿下との会話でアラブ首長国連邦の安全保障に対する連帯を表明した。アラブ首長国連邦は、フーシ派が前年度にサナアの首都を制圧し、国の大統領を権力から追放した後、2015年にイエメンの内戦に参加した連合のメンバーだった。

フーシ派はサウジアラビアと石油標的を攻撃するために、イエメンの戦争の過程でアラビア湾でドローンとミサイルを使用した。 月曜日の攻撃は、アラブ首長国連邦がフーシ派に襲われたことを初めて認めたものだ。連合軍は月曜日遅く、サナアを含むイエメン全域にいるフーシ派に対する空爆を激化させた。

同グループによると、フーシ派軍高官を含む少なくとも14人がサナアでの1回の空爆で死亡した。国連人権高等弁務官事務所は、死者の中に5人の民間人がいたと述べた。

AP通信社

特に人気
オススメ

return to top