Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ウィリアム王子、初のUAE訪問で自然保護を重視

ウィリアム王子、初のUAE訪問で自然保護を重視

ウィリアム王子にとって重要な取り組みのひとつが、公爵が2014年に設立した「ユナイテッド・フォー・ワイルドライフ」で、野生動物の違法取引に対抗する取り組みを促進する支援を行っている。(ファイル/AFP)
ウィリアム王子にとって重要な取り組みのひとつが、公爵が2014年に設立した「ユナイテッド・フォー・ワイルドライフ」で、野生動物の違法取引に対抗する取り組みを促進する支援を行っている。(ファイル/AFP)
Short Url:
10 Feb 2022 09:02:31 GMT9
10 Feb 2022 09:02:31 GMT9

ドバイ:英国のウィリアム王子は木曜日、アラブ首長国連邦への初の公式訪問に出発し、将来の君主である王子の野生動物の保護と気候変動に関する熱心な活動が強調されている。

ウィリアム王子の訪問は、英国とUAEの関係において重要な節目となるものだ。王子は、ドバイの統治者シェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下の息子であるドバイのシェイク・ハムダン・ビン・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム皇太子と会談する予定である。

女王エリザベス2世が君主として初めてUAEを訪問したのは1979年、チャールズ皇太子の最後の訪問は2016年だった。

ドバイおよび北部首長国の英国ビジネスグループによると、UAEには10万人以上の英国人が居住し、6,000社以上の英国企業が進出している。

ケンブリッジ公の訪問は、ドバイで開催されている万国博覧会「Expo 2020」における英国のナショナルデーと重なる。ウィリアム王子は英国パビリオンを訪れ、70億ドルの万博会場の敷地を見学し、首長国の若者、関係者、自然保護活動家と自然保護活動の重要性について話し合う予定である。

ウィリアム王子にとって重要な取り組みのひとつが、公爵が2014年に設立した「ユナイテッド・フォー・ワイルドライフ」で、野生動物の違法取引に対抗する取り組みを促進する支援を行っている。

妻のケイト・ミドルトン氏抜きで旅行中のウィリアム王子は、ドバイでの時間を利用して、アースショット賞もアピールする予定だ。

2020年末にウィリアム王子と王立基金によって創設されたアースショット賞は、昨年後半に初の授賞式を行い、世界の重大な環境問題の解決を目指す革新者、起業家、科学者に5つの賞、136万ドルの賞金を授与した。

今年の授賞式は米国で開催される。公爵のスピーチの後、昨年のファイナリストが、万博の聴衆を前に革新的なソリューションを紹介する予定である。

ドバイ万博の協賛である、ドバイ拠点の世界的な港湾運営会社DPワールドは、この賞の創設出資者の一員だ。

公爵は、父であるチャールズ皇太子と同様に、以前から自身のプラットフォームを利用して環境意識の向上を提唱しており、地球が転換期にあり、修復のための行動を起こさない限り、取り返しのつかないダメージに直面すると警告している。

今回のUAE訪問では、まずアブダビのジュベイル・マングローブ公園を訪れ、現地の自然保護活動について詳しく学んだ。

また、「クイーンズ・バトン・リレー」がドバイの万博会場を回り、主にかつて英国と植民地関係にあった地域である英連邦の国々のパビリオンを巡ることから、ケンブリッジ公爵は英国のスポーツ関係者と会うことも予定されている。

バトンにはエリザベス女王のメッセージが収められており、英連邦競技大会に先立ち、72の国と地域すべてを回る。

ドバイの英国ビジネスグループのジェネラルマネージャー、ケイティ・ホームズ氏は、英国人は王子の訪問をとても楽しみにしていると語った。それは、日曜日に在位70年を迎えたエリザベス2世によって確立された二国間関係を強化するという前向きなメッセージを送るものだからだ。

「彼は王族として非常に高い評価を受けており、将来の英国王室を担う存在なので、その観点からも関心があると思います。しかし、また、万博を祝うものでもあります」と語るホームズ氏は、ウィリアム王子が出席する万博の夜の公演に招待されている一人だ。

特に人気
オススメ

return to top