Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラエル軍、ヨルダン川西岸地区の襲撃でパレスチナ人を殺害

イスラエル軍、ヨルダン川西岸地区の襲撃でパレスチナ人を殺害

2022年4月27日、ジェニン西部のブルチン村で行われたアーマッド・マサードさん(21歳)の葬儀に参列するパレスチナ人の追悼者たち。(AFP通信)
2022年4月27日、ジェニン西部のブルチン村で行われたアーマッド・マサードさん(21歳)の葬儀に参列するパレスチナ人の追悼者たち。(AFP通信)
Short Url:
28 Apr 2022 03:04:22 GMT9
28 Apr 2022 03:04:22 GMT9
  • 病院当局によると、アーマッド・マサードさん(21歳)はジェニンでの暴力的な衝突で頭部を撃たれた
  • 早朝に行われたイスラエルの軍事作戦中に3人が負傷し、16人が逮捕された

モハメド・ナジブ

ラマッラー:イスラエル軍は27日、ヨルダン川西岸地区ジェニン市の衝突が起きた地点でパレスチナ人男性1人を殺害し、3人を負傷させ、16人を逮捕した。

多数のイスラエル軍は狙撃兵を屋上に配備し、早朝に同市とその難民キャンプを襲撃した。若者たちと兵士たちの間で暴力的な衝突が起こり、兵士たちは実弾を発砲して対応し、アーマッド・マサードさん(21歳)を殺害した。

ジェニンのイブン・シーナ病院で院長を務めるジャニ・アブ・ジョカ氏によると、マサードさんは頭部に銃創を負って死亡し、他の3人は中程度の負傷を負った。

ブルチン村でのマサードさんの葬儀には1,000人以上の人々が集まった。遺体が実家から運び出された時、覆面をした武装集団が空中に発砲した。会葬者らは、パレスチナ人が占領軍のテロや犯罪に立ち向かうことができるように、イスラエルの残虐行為に対する闘いを続け、国の結束を呼びかけ、分裂を終結させることを誓ってスローガンを唱えた。また、パレスチナ人の殺害および逮捕に関する国際社会の沈黙を非難した。

イスラム聖戦運動のスポークスマン、タリク・サルミ氏は次のように語った:「『ジェニン旅団』はジェニン難民キャンプを襲撃しようとする試みに勇敢に対応した。我が民族の結束と確固たる態度は難攻不落であり、ジハードと抵抗を通じて我々の大義を生かし続けることの保証である。

「この一連の逮捕が我が民族の決意をくじくことはない。それにより抵抗運動が止むことも、追いつめられることもない」

パレスチナの治安筋によると、イスラエル軍はジェニン難民キャンプで3人の民間人を襲撃し、家宅捜索後に逮捕した。同時に、イスラエル軍はジェニン南部にあるカバティヤの町で数軒の家を襲撃し、そこで3人の民間人を逮捕し、家屋に損害を与えたと伝えられている。

情報筋によると、ラマダンが終わった時、ジェニン難民キャンプに対するイスラエルの軍事行動はエスカレートすると予想されている。それは、ヨルダン西岸地区にあるモスク、特にエルサレムのアル・アクサモスクで、同地区のパレスチナ人がラマダンの終わり頃の特別な祈りの夕べであるライラ・アルカドル(または、力の夜)を祝う準備をしているときである。

アル・アクサでは、ユダヤ教の過越祭の際に、イスラム教徒とイスラエル警察との間で暴力的な対立が繰り広げられ、何百人もの人々が負傷した。ラマダン中のイスラエルによる襲撃は、アラブの政府機関や地方当局によって非難された。

ラマダンの期間中、東エルサレムの他の地域、特にダマスカス門近辺で、パレスチナの若者たちとイスラエル警察との間の緊張が高まっている。

一方、イスラエルの寺院組織本部当局は27日、イスラエルの独立記念日にあたる5月5日にアル・アクサモスクを襲撃するよう呼びかけた。

特に人気
オススメ

return to top