Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 国連は危機に直面するレバノンに「路線変更」を促す

国連は危機に直面するレバノンに「路線変更」を促す

報告書によると、10人に9人が生計を立てることが難しいと感じている。(ファイル/ AFP)
報告書によると、10人に9人が生計を立てることが難しいと感じている。(ファイル/ AFP)
Short Url:
11 May 2022 09:05:19 GMT9
11 May 2022 09:05:19 GMT9
  • 報告書は、危機は政府の愚策によってもたらされたと述べた。

ベイルート:国連は水曜日、人口の大多数を貧困に陥れている前例のない金融危機の責任はレバノン政府と中央銀行にある、と述べた。

極度の貧困と人権に関する国連の特別報告者によって起草された報告書は、危機は政府の政策の失敗によってもたらされ、5月15日に予定されている議会選挙の数日前に国に「路線を変更する」よう促したと述べた。

2019年以降、レバノンの通貨はドルに対し価値の90%以上を失い、物価は200%以上上昇し、貧困率は人口の80%を超えた。

「国民が突きつけられた悲惨な状況は、社会正義、透明性、説明責任を行動の中心に置くリーダーシップによって逆転させることができる」と報告書は主張した。

特別報告者のオリビエ・デ・シュッター氏は、昨年11月にこの国を訪れ、経済危機の影響を評価した。

報告書によると、10人に9人は生計を立てることが難しいと感じており、10人に6人以上が可能なら海外移住を希望している。

「経済危機は完全に回避可能であった。それは確実に政府の愚策によってもたらされた」と報告書は述べた。

また、中央銀行を「損失に関する手先の早業….それは影で巨額の公的債務を生み出した…それは何世代にもわたってレバノン人を非難するだろう」と非難した。

国連の報告書は、レバノンの危機の発生以来初となる5月15日の議会選挙に向けた準備中に公表される。

独立した候補者は2018年の公演でわずかに改善すると予想されるが、専門家は選挙が宗派政治に恩恵を受けた国の現状をさらに強化すると考える。

AFP

特に人気
オススメ

return to top