Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノン政府、経済復興計画の促進が叫ばれる中、暫定統治モードに突入

レバノン政府、経済復興計画の促進が叫ばれる中、暫定統治モードに突入

2022年5月20日、首都ベイルートの政府宮殿で閣議を行うレバノンのミシェル・アウン大統領(右)とナジーブ・ミカティ首相(中央)。(AFP)
2022年5月20日、首都ベイルートの政府宮殿で閣議を行うレバノンのミシェル・アウン大統領(右)とナジーブ・ミカティ首相(中央)。(AFP)
Short Url:
22 May 2022 05:05:42 GMT9
22 May 2022 05:05:42 GMT9
  • ナジーブ・ミカティ首相、IMFを通じてのみ救済の機会が得られると語る
  • ヒズボラ支援のジブラン・バシール議員、電力危機で非難轟々

ナジャ・フーサリ

ベイルート:レバノンの経済復興計画の遅れは大きな代償をもたらすと警告される中、新たに選出されたレバノン国会の任期が日曜日に始まる。前議会の任期は土曜日に終了した。

レバノンのミシェル・アウン大統領は、ナジーブ・ミカティ政権は憲法に基づき辞任したものとみなされると述べた。

アウン氏は首相と閣僚に謝意を表明し、新政府が発足するまで暫定的に行動するよう求めた。

ヒズボラとアマル運動の閣僚が反対する中、レバノン内閣は金曜日、経済復興計画の承認など土壇場の決定を行う最終会合を開いた。

ミカティ氏は「10万ドルまでの預金は全額保護される」と述べるとともに、「銀行なくして経済は成り立たない」と強調した。

この計画における金融戦略には、「国家への信頼を高めるための優先事項として」金融の支払い能力を回復させるプログラムが含まれている。

中長期的には、恒久的かつ戦略的な債務再編改革を伴う段階的な財政調整を導入することにより、債務を元に戻していくことを目指している。

レバノン政府はまた、商業銀行に対する中央銀行の外貨建て債務の大部分を取り消すことを想定している。

政府は7月からの電気通信料金の引き上げを閣議決定し、通信相の計画による意見を検討する閣僚委員会を設置した。

関税ドル関連の項目は、財務大臣が「国民の怒りを避けるために」議題から外したため、承認されなかった。

レバノン政府は、慢性疾患とがん治療薬に3,500万ドルを割り当てることを閣議決定した。ただしその金額は4ヶ月分とし、住宅銀行が米ドルで確保することを条件とした。

ミカティ氏は、「復興計画が遅れれば、コストが高くなります。2年前にこの問題を解決していたら、コストはもっと低かった筈です」と警告した。

救済の機会は国際通貨基金(IMF)を通じてしか得られず、中央銀行は経済成長を確実にするために必要な基準を設定すべきであると、ミカティ氏は強調した。

ミカティ氏は、公共の利益よりも自分たちの利益を優先させようとする一部の人々を批判し、電力危機に対する自由愛国運動の対応を間接的に非難した。

「私自身、アル・ザハラニとデイル・アマールの両発電所を運営して、ガスで電気を生産することを希望する企業から、素晴らしい価格で2件の申し出を受けました。この2件の申し出を検討するために諮問室が配置されましたが、残念ながらエネルギー大臣はこの案件を、今後の内閣の議題から取り下げました」

アシュラフ・リフィ議員は土曜日、電力問題について、「これらの提案を内閣の議題から取り下げるというミカティ首相の発言は、闇に包まれたレバノン人に対して行われた重大な犯罪の延長線上にあります。ヒズボラの支援を受けたジブラン・バシール議員こそが非難されるべき人物です」と述べた。

「バシール氏は2008年以来、エネルギー省を『まるで自分の所有物であるかのように』引き継ぎ、そこではあらゆる失敗や無駄や汚職が行われ、その代償をレバノン人が払っているのです」とリフィ氏は付け加えた。

リフィ氏は、主権派と改革派の議員に対し、電力問題を優先事項とし、行動計画に合意し、関係者の責任を追及するよう呼びかけた。

レバノンに対する国際支援グループ(ISG)は、レバノンの経済的安定を確保し、ガバナンスを強化し、国を回復させるためにレバノンとその国民が緊急に必要としている改革を実施するために必要な法案を採択するよう呼びかけた。

ISGはまた、すべての関係者に対し、長年の懸案である重要な改革を実施できる政府の樹立に向けて迅速に動き、IMFとの協働を継続するよう呼びかけた。その中には、レバノンの持続可能な社会的・経済的復興のための強固な基盤を築くため、レバノンが4月7日のスタッフレベル合意において約束した事前措置の実施も含まれている。

米国国務省は、選出された国会議員や政治指導者に対し、変化を求めるレバノン国民の声に応え、経済を救うために必要な措置を真剣にかつ緊急に講じるよう求めた。

レバノン国民と国際社会の信頼を回復するために必要な重要な作業を遂行する能力があり、尽力する政府を、速やかに樹立するよう求めたのである。

一方、選挙で選ばれた議会は、国会議長と副議長を選出する準備をしている。

開発・解放ブロックは、ナビーブ・ビッリー氏が議長を務める会議の最後に、彼を議会議長に指名すると発表した。彼は1992年から議会議長を務めており、彼の対抗馬は誰もいない。

ビッリー氏は満場一致で当選すると思われ、これが7期目となる。

開発・解放ブロックは、暫定政権が過渡期に職務を遂行し、国民の経済的・社会的問題に関わる問題、特に為替レートの調整や燃料、パン、その他の必要品の確保を継続管理していく必要性を強調した。

自由愛国運動、レバノン軍党、独立改革派の国会議員は、ビッリー氏の任命に反対している。

開発・解放ブロックのメンバーであるミシェル・ムーサ博士はアラブニュースに対して、「ビッリー氏の立候補は当然ですが、この決定的な局面において各議会ブロックは、ビッリー氏の出馬に関する立場を表明するために互いに連絡を取り合っています」と語った。

ムーサ氏は来週各ブロックの会合が開かれる予定であることを明らかにした。「しかしレバノンでは、すべてが土壇場で決定されるのです」

日曜日の夕方の時点で、選出された議員が15日以内に議長を選出すると、ムーサ氏は述べた。

さもなければ、新政権樹立のための政令が出されるまでの間、暫定政府が機能し続けることを条件として、次期政権樹立のための新首相指名のプロセスは中断されることになる。

「これらのことはすべて、来週には明らかになるでしょう」

特に人気
オススメ

return to top