Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • パレスチナ側、アルジャジーラ記者シリーン・アブアクラ氏を殺害した銃弾を米国に引き渡す

パレスチナ側、アルジャジーラ記者シリーン・アブアクラ氏を殺害した銃弾を米国に引き渡す

記者のシリーン・アブアクラ氏は5月11日、ヨルダン川西岸のジェニンキャンプでイスラエル軍の襲撃を取材中に殺害された。(ファイル/アルジャジーラ/AFP)
記者のシリーン・アブアクラ氏は5月11日、ヨルダン川西岸のジェニンキャンプでイスラエル軍の襲撃を取材中に殺害された。(ファイル/アルジャジーラ/AFP)
Short Url:
03 Jul 2022 04:07:15 GMT9
03 Jul 2022 04:07:15 GMT9
  • パレスチナ司法長官によると、当局は米側が銃弾の弾道実験を行うことに同意したという。
  • アブアクラ氏は、ヨルダン川西岸地域のジェニンでイスラエル軍の襲撃を取材中に殺害された。


アラブニュース

ラマッラー/エルサレム:パレスチナ自治政府は土曜日、アルジャジーラ記者のシリーン・アブアクラ氏を殺害した弾丸を米国の法医学専門家に引き渡し、イスラエル兵が発射したものであることを明確に証明するよう求めている。

これは、ジョー・バイデン大統領がイスラエルとヨルダン川西岸地区を訪問し、イスラエルとパレスチナの政府首脳と会談する1週間前に発表されたものである。これは、双方が行き詰まった状況を解決するために取り組む可能性を示唆するものである。

パレスチナ自治政府は、占領下のヨルダン川西岸でイスラエル軍の襲撃を受けた際にアブアクラ氏を殺害した弾丸に手を加えることはなく、鑑定が終わり次第返還すると確約されたと、パレスチナのアクラム・アル・ハティブ司法長官はAFPに語った。

パレスチナ自治政府は、弾丸を米国に引き渡すことに許可を出したと、パレスチナの公式通信社「Wafa」が報じた。

イスラエルは、同氏を撃った可能性のあるライフルを特定したが、弾丸と比較しない限りはいかなる結論も出せないとしている。パレスチナ側はイスラエルを信用していないとして、弾丸の引き渡しを拒否している。権利保護団体によれば、イスラエルは軍隊によるパレスチナ人の射殺を調査した記録が乏しく、調査が数ヶ月から数年滞り、その後ひそかに打ち切られるとのことである。

アル・ハティブ氏は、パレスチナ側はイスラエル側と弾丸を共有することを拒否していると繰り返したが、パレスチナ側は “真実を確認するのに役立つ “いかなる国際機関の参加も歓迎すると述べた。

同氏は、「我々は、自らの調査とその結果に自信と確信を持っている」と述べた。

イスラエルの武器を検証することなく、米国の専門家が何を解明できるかは、すぐには分からず、また、イスラエルがアメリカ人にライフルを引き渡すかどうかも不明であった。イスラエル軍はコメントを拒否し、米国大使館のパレスチナ担当事務所は「提供できる新しい情報はない」と述べた。

このパレスチナ系米国人記者は、「プレス」と書かれたベストとヘルメットを着用し、5月11日にヨルダン川西岸北部のジェニンキャンプでイスラエル軍の作戦を取材中に殺害された。

パレスチナの公式調査によると、カタールに拠点を置くテレビ局の人気レポーターだった同氏は、ヘルメットのすぐ下に弾丸を受け、死亡したことが判明した。

その調査結果によると、アブアクラ氏はルガー社のミニ14ライフルから発射された5.56ミリの徹甲弾で殺害されたことが判明した。
米国のアントニー・ブリンケン国務長官は先月、アブアクラ氏の殺害について、事実がいかなるものであれ、説明責任を果たすと約束していた。

「我々は、独立した信頼性の高い調査を求めている。その調査が行われれば、事実がどうであろうと、我々はそれに従っていく。」と、ブリンケン氏は語った。

パレスチナ政府関係者は、外交問題について話しているため匿名を条件に、同氏は、この問題はパレスチナのアッバス大統領とアントニー・ブリンケン国務長官との電話会談で提起され、双方は7月13日のバイデン氏到着までに問題を解決したいとしていると述べた。

国連による調査や、複数の報道機関による調査では、アブアクラ氏を殺害した銃弾はイスラエル軍によって発射されたものであることが判明している。

「アブアクラ氏を殺害した発砲は、イスラエルの治安部隊によるものであることがわかった」と、国連人権事務所のラヴィナ・シャムダサニ報道官はジュネーブで記者団に語った。

「イスラエル当局が犯罪捜査を行っていないことは、深く憂慮すべきことだ」と同氏は述べた。
国連人権事務所は、写真、ビデオ、音声資料を検証し、現場を訪れ、また、専門家に意見を求め、公式通信を見直し、さらに目撃者に聞き取りを行った。

調査では、イスラエル軍とパレスチナの司法長官からの提出書類を精査した。

しかし、イスラエル軍は国連の調査結果に根拠がないとし、アブアクラ氏がどのように殺害されたかを断定することは「不可能」だと主張した。

「IDF(イスラエル国防軍)の調査では、アブアクラ氏はIDF兵士に故意に撃たれたのではないと明確に結論づけられており、また、パレスチナ人狙撃手が無差別に撃ったのか、それともイスラエル軍兵士が誤って撃ったのかを判断することはできない」と同軍は述べている。

イスラエル側は、パレスチナ自治政府に弾丸を渡すよう繰り返し要求しているが、パレスチナ側はこれを拒否し、捜査におけるイスラエルとの協力関係も拒否している。

51歳だったアブアクラ氏は、20年前のイスラエル支配に対する第2次パレスチナ・インティファーダ(蜂起)の際に、広く知られ、尊敬を集めた放送特派員であった。彼女は、アラブ世界の視聴者のために、終わりが見えないまま60年目に突入したイスラエルの軍事支配下の生活の厳しい現実を伝えた。

(AFPおよびAP通信)

特に人気
オススメ

return to top