Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • レバノン銀行立て篭もり事件の銃撃犯が釈放

レバノン銀行立て篭もり事件の銃撃犯が釈放

バッサム・アル・シェイク・フセイン氏は銃を振りかざして銀行に入り、彼の金を要求した。(ファイル/AFP)
バッサム・アル・シェイク・フセイン氏は銃を振りかざして銀行に入り、彼の金を要求した。(ファイル/AFP)
Short Url:
17 Aug 2022 12:08:19 GMT9
17 Aug 2022 12:08:19 GMT9
  • レバノンの司法長官は、銀行が彼に対する訴訟を取り下げた後、彼を釈放したとアル・アラビーヤTVが報じた

アラブニュース

TVニュースチャンネル「アル・アラビーヤ」によると、ベイルートの銀行で人質を取って銃を突きつけ、父親の治療費のために凍結された自身の資金の解放を要求し、英雄と称されたレバノン人男性、バッサム・アル・シェイク・フセイン氏が釈放された。

レバノンの司法長官は、銀行が彼に対する訴訟を取り下げた後、彼を釈放したとアルアラビーヤTVが16日に報じた。

彼に対する告訴の詳細はまだ発表されていない。

銀行の外には、バッサム・アル・シェイク・フセイン氏への支持を示すために群衆が集まった。(ファイル/AFP)

首都の連邦銀行支店内で8人の銀行員を人質に取ったこの男性は、捕縛されることなく銀行を去ることを許可するという警察の約束にもかかわらず、7時間のにらみ合いの末、8月11日木曜日に逮捕された。

42歳のこの男性は、当局が彼の家族に3万5000ドルの資金を渡し、尋問のためにのみ彼を拘束すると告げた後に自首した。レバノン中央銀行は、2019年にすべての預金の凍結を課していた。

当時の報道によると、アル・シェイク・フセイン氏はポンプアクション式ショットガンとガソリンを所持しており、それを使って自分に火をつけると語っていたという。

11日に銀行の外に集まった群衆は支持を示し、当局に身柄を拘束されたこの男性に拍手を送った。

特に人気
オススメ

return to top