Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イランの石油産業労働者:政府が弾圧をやめなければストライキへ

イランの石油産業労働者:政府が弾圧をやめなければストライキへ

イランの石油労働者たちは、政府がデモ参加者の攻撃を続けるならストライキを起こすと脅している。(AFP)
イランの石油労働者たちは、政府がデモ参加者の攻撃を続けるならストライキを起こすと脅している。(AFP)
Short Url:
28 Sep 2022 05:09:03 GMT9
28 Sep 2022 05:09:03 GMT9

アラブニュース 

  • イランでは大規模な騒乱が発生し、抗議デモは80以上の市町村に広がっている

ドバイ:イランの石油産業で働く労働者たちは、政府がデモ参加者に対する弾圧を続ければ、ストライキに踏み切ると脅している。

これは炭化水素収入に依存する同国の経済に打撃を与えかねない動きだ。

石油契約労働者組織協議会は9月26日、ラジオ・ファーダの報道で、「我々は、女性に対する組織的で日常的な暴力や、社会に広がる貧困と苦難に対する人々の闘いを支持する」と表明した。

イランの原油と天然ガスの輸出は、2019年のGDPの18%、政府の歳入の約4分の1を占めたと推定されている。

 9月13日、イスラム共和国の厳しい服装規定に違反したとの理由で道徳警察に拘束されていた22歳のマフサ・アミニさんが死亡したことを受けて、大規模な混乱がイランを襲い、抗議行動は80以上の都市や町に広がった。

彼女の死がきっかけとなって、2019年にガソリン価格の値上げに反対する抗議行動を当局が鎮圧して以来、初の大規模な街頭での反対運動が始まった。

イランでは、破壊的な欧米の制裁が経済に打撃を与え、生活水準が低下し、国の支援が減ったことを受けて、労働者の抗議行動もここ数カ月で増加している。

特に人気
オススメ

return to top