Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 人権活動家がザーヘダーンでのイラン政府による差し迫った弾圧を危惧

人権活動家がザーヘダーンでのイラン政府による差し迫った弾圧を危惧

イランのクルド人都市ブカンで、国旗を燃やし「ハメネイに死を」と唱える抗議者たち。(UGAビデオの静止画像
イランのクルド人都市ブカンで、国旗を燃やし「ハメネイに死を」と唱える抗議者たち。(UGAビデオの静止画像
Short Url:
22 Jan 2023 03:01:59 GMT9
22 Jan 2023 03:01:59 GMT9

アラブニュース

  • スィスターン・バルーチェスターン州の首都は、9月の「血の金曜日」に66人の抗議者が虐殺された場所である
  • 住民によると、市内には検問所が設置され、多くの人が拘束されている

ロンドン:イランからの報告によると当局は、2022年に複数の死者や負傷者を出した抗議者暴行現場のザーヘダーン市を取り締まる予定である。

22歳のクルド人女性、マフサ・アミニさんが9月初めにヒジャブを適切に着用していなかったとして道徳警察に拘束され死亡したことに抗議する行進が行われていた9月30日に、治安部隊がデモ隊に発砲し66人が死亡したことが分かっている。この日は後に「血の金曜日」として知られるようになった。

多くの人々がガーディアン紙に語ったところによると、南東部のスンニ派が大半を占めるスィスターン・バルーチェスターン州の州都ザーヘダーンでは、少なくとも15の検問所が設置されており、複数の逮捕が行われた。

ムハンマドと名乗った男性は新聞にこう語った。「市内へのすべての出入り口が封鎖され、検問所が設置されています。どれだけの人が逮捕され、どこに連れて行かれたかは分かりません」

バルーチェスターン州出身の人権活動家ファルジン・コドホダイ氏によると、警察はデモ参加者を特定し、後で逮捕するために撮影を始めた。「人々は家や公園から拉致されており、1月1日から大量逮捕が始まっています。その人たちが生きているのか死んでいるのかさえ分かりません」

コドホダイ氏は、少なくとも114人がこれまでに拘留され、少なくとも1人が残酷な拷問を受け、家族は逮捕された親族に会える万が一の可能性を期待して裁判所を訪れることを余儀なくされたと述べた。

「逮捕された未成年者が釈放されるかどうかは、その日の警備員の気分に完全に依存しています」と同氏は述べた。「10代の若者たちのうち数人は釈放されましたが、残りはまだ刑務所にいます」

拘束されている18歳のショアイブ・ミルバルチェヒ・レジさんは、法的支援を拒否され、武装グループのメンバーであると自白するよう拷問されたと伝えられている。この青年は現在死刑判決を受けている、と活動家らはガーディアン紙に語った。

スィスターン・バルーチェスターン州は、抗議行動に対するイラン政権の対応の大部分にさらされている。

「サラ」とだけ名前を明かした一人のデモ参加者は、ガーディアン紙に次のように語った。「治安部隊は約2週間にわたってバルーチ地域を攻撃しています。今週は、市内とその周辺に少なくとも15の検問所が設置されました。私たちを脅そうとしていますが、私たちは恐れません」

「この政府は(イスラム共和国の)初めから、バルーチ人、クルド人、スンニ派、バハイ教徒、その他の少数民族を差別してきました。しかし、これらの差別は(スィスターン)バルーチェスターン州ではより多くの苦しみを伴います。なぜなら、住民はバルーチ人でもスンニ派でもあり、バルーチェスターン州はイランで最も貧しい地域だからです」

ヒューマンライツ・アクティビスト・イン・イランのアドボカシー部長を務めるスカイラー・トンプソン氏によると、ザーヘダーンの状況について現場の事実を確認するのは難しい。

「市が包囲されているという情報はありませんが、抗議活動が続いているイランで唯一の場所です」と同氏はガーディアン紙に語った。「街の雰囲気がかなり危険だと感じるのは事実です。市内にはさらに多くの検問所があることがわかりました。でも、これは新しい知事が任命されたためだと思います」

 

特に人気
オススメ

return to top