Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 目の前の善と悪

目の前の善と悪

Short Url:
04 Apr 2022 02:04:42 GMT9
04 Apr 2022 02:04:42 GMT9

私たちの世界では、テロや死や破壊よりも、平和や寛容を売り込む方が難しい。特に世界の報道において、これは悲しい事実である。

この数週間、ウクライナでの戦争が見出しを独占してきた。そして今、中東での焦点は、ハデラ、ベエルシェバ、ブネイブラクで罪のない犠牲者を出した恐ろしいテロの新しい波に移っている。

私の国では、悲しいことに、先週末のハリウッドのアカデミー賞授賞式での悪行が、イスラエルでの殺戮にさえ影を落としてしまっている。

だから、最近ネゲヴ砂漠で行われた会議のニュースをアメリカで見つけるのは簡単ではない。能動的に探さなければならないだろう。歴史的な意義のある会議にもかかわらず、残念なことである。

数日前、UAE、アメリカ、エジプト、イスラエル、モロッコ、バーレーンの外相が集まり、イスラエルのスデ・ボーカーで特別な会談が行われたのだ。平和の架け橋となる人々と、破壊を望む人々の間の白黒のコントラストを見たかったのなら、それはまさに私たちの目の前で行われていたのだ。

このような高官たちがイスラエルに集まったという事実だけでも、息を呑むようなことだ。そして、その全員が声を揃えて、今回のテロを非難したことは、心強い限りである。善と悪の世界的な分断の反対側では、ハマス、イスラム聖戦、ヒズボラ(イランの代理勢力)が、攻撃者を祝福しているのだ。

これこそ、私たちの世界が直面している衝突である。和平の橋渡し役を望む人々と、自分たちの歪んだ目的のためにテロと恐怖を利用して私たちを分断しようとする人々との間の衝突である。

他にも重要なことがあり、それは見逃してはならない。イスラエルと関係を築いたこれらすべての国が、この地域における同じ敵――すなわちスンニ派やシーア派のイデオロギーの名の下に活動するテロリスト集団――を共有していることは、今や明らかである。

したがって、ネゲヴでの会談、そしてその前にシャルムエルシェイクで行われた、エジプトのアブドゥルファッターハ・エルシーシ大統領、UAEのムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン皇太子、イスラエルのナフタリ・ベネット首相による3カ国首脳会談は、前例のない重要なものであったのだ。

アメリカ・アラブ・イスラエルの同盟は、イランの核武装を阻止するために協力するべきだ。

ロナルド・S・ローダー

このような会合は、2020年のアブラハム合意の和平合意を強化し、ほとんどのアラブ諸国、イスラエル、そしておそらくはトルコの間のさらに広い同盟の基礎を築くものである。「新しい中東」という一見とらえどころのない夢は、もはや単なる夢ではないようだ。

このような会合が実現した背景には、二つの理由がある。一つはイランがこの地域で影響力を強め、米国と欧州が推し進める新協定が合意されれば、イランが核兵器を保有する可能性があるという懸念である。そこでユダヤ教徒とスンナ派の両方が力を合わせ、シーア派の過激な脅威に立ち向かおうとしているのである。

もう一つは、アメリカの半鎖国主義的な政策に対する深い失望である。アラブの穏健派指導者たちは、真に信頼できる唯一の味方は、小さくても強大な隣人であることを認識したのだ。イスラエルである。

その結果、イスラエルと湾岸諸国との間で、完全な外交関係、自由貿易協定、直行便、急成長する観光、野心的な経済構想が生まれ、私たちの目の前に強大な、新しい地域構造が誕生しつつある。また、加速する情報・安全保障面での協力も、この素晴らしく、新しいネットワークの基盤の一部を成している。

イスラエル、バーレーン、モロッコ、UAE、ヨルダン、エジプトは、アメリカとともに、すでに開始した大胆なイニシアチブを増幅するよう努めなければならない。

米国とイスラエルは、穏健なアラブ世界に対し、戦略的なアイアンドドームを提供する地域防衛同盟の積極的なパートナーにならなければならない。サウジアラビア、UAE、バーレーン、モロッコ、その他のアラブ諸国は、イスラエル・パレスチナ紛争を緩和し、二国家解決へ導くための積極的なパートナーになるべきだ。そして、イランの核武装を阻止し、ロシアのウクライナ侵攻による不安から欧米のエネルギー安全保障を守るために、アメリカ・アラブ・イスラエルの同盟が協力することである。

これはユートピア的なビジョンに聞こえるかもしれないが、決してそうではない。エジプトのアンワル・サダト大統領、イスラエルのメナヘム・ベギン首相、イツハク・ラビン首相、シモン・ペレス首相、そしてヨルダンのフセイン国王は、いずれも真のビジョナリーであった。彼らは、中東が日々流血にさらされていた時代に、あえて平和を夢見たのである。そして、彼らはその勇気ある生涯の行動によって、世界をより貧しく、より危険なものにするのではなく、より良い、より安全なものにしたのである。

今、エジプト、UAE、バーレーン、モロッコの外相が、イスラエルで米国の国務長官と一緒に立っているのを見ると、平和は可能だという希望がよみがえる。それを無駄にするようなことがあってはならないし、あるべきではない。

・ロナルド・S・ローダー氏は、世界ユダヤ人会議(WJC)の会長である。

特に人気
オススメ

return to top