Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イラクは急速に川のない国になりつつある

イラクは急速に川のない国になりつつある

2009年7月1日、イラクのバグダッド北部にあるアダミヤ地区で泳ぐために、少年がチグリス川に飛び込んだ。(ロイター)
2009年7月1日、イラクのバグダッド北部にあるアダミヤ地区で泳ぐために、少年がチグリス川に飛び込んだ。(ロイター)
Short Url:
16 Jun 2022 12:06:37 GMT9
16 Jun 2022 12:06:37 GMT9

イラクのさまざまな政党は、10月の議会選挙が行われてから数か月後、次の政府のそれぞれのシェアをめぐって争い続けているが、イラクは別の種類の存在の脅威に直面している。 深刻な水不足により、世界で最も偉大な文明の一つを育んだ二つの主要な川が、わずか数年で枯渇する可能性があるのだ。

何世紀にもわたって、二つの川の土地として知られているイラクが、ユーフラテス川とチグリス川という二つの主要水路を失う日が、誰の予測よりも近いかもしれない。 実際、12月に発表されたイラクの水資源省の報告によると、トルコを起源としてシリアを流れ、イラクの地表水供給の最大98%の水源である二つの川は、同国を「2040年までに川のない土地」にする可能性がある。

すでに、乏しい降雨と気候変動は同国の水問題を悪化させており、イラクのある公務員は、保有中の飲料水は次の季節の終わりまでしか持たないことを警告している。国連によると、多くの湖や貯水池は完全に干上がっているが、両方の川の水位は大幅に低下しており、ユーフラテス川では70%も低下している。イラク南部のアフワールにある有名な湿地帯の多くは、現在、乾燥した塩気のある黄塵地帯になっている。

両方の川の水位の驚異的な低下は、川岸に沿った農場を壊滅させ、漁業を破壊し、多くの川沿いの村をゴーストタウンに変えた。農民たちはそれらを捨てて、卑しい仕事を探すために都市に目を向けている。

しかし、気候変動がイラクの水問題を悪化させてはいるが、真実は、問題の多くが隣国であるトルコとイランのせいだと言える。地政学的紛争を対象とするClimate Diplomacyによると、トルコはユーフラテス川の流れの90%を占め、シリアは10%を占めている。チグリス川については、トルコ、イラク、イランがそれぞれ40%、51%、9%を占めている。 トルコと、イラクとシリアの間で、多くの水共有協定が結ばれているにもかかわらず(1920年代初頭にさかのぼるものもある)、割り当てをめぐる緊張は1960年代に始まった。

トルコ政府は1970年代に二つの川に一連のダムを建設する計画を実施し始めたが、この計画は1980年代後半に、22基のダムを建設することを目的とした南東アナトリア計画の発表により実現し、シリアとイラクの両方の水のシェアを大幅に削減した。2003年のアメリカのイラク侵攻とその後何年にもわたった政治的混乱の後、以前の協定へのトルコのコミットメントを保証するためにほとんど何もされなかった。 一方、同じく水問題に苦しんでいたイランは、チグリス川に水を供給していた主要な支流を迂回させ始めた。

両方の川で水位が急速に低下していたが、この迫り来る脅威とそれが何百万人ものイラク人に及ぼす破滅的な影響に注意を払っているイラク当局者はほとんどいなかった。 昨年10月、水資源省は、トルコとの水協定が発効したことを発表し、この問題に関する前向きな議論を求めるトルコ側の真の政治的欲求があったことを指摘した。しかし実際には、トルコはイラクの嘆願を無視し、イラク議会の第一副議長であるハキム・アル・ザミリ氏は、イラク政府の水シェアに関する要求に応じない限り、トルコまたはイランとの取引を禁止する法案を可決すると脅迫した。「イランとトルコは水を遮断することによって私たちを殺している」と彼は言った。

動はイラクの水問題を化させているが、問題の多くは、隣であるトルコとイランのせいだと言える。

オサマ・アル・シャリフ

マハディ・アル・ハマダニ水大臣は、両国の水大臣と連絡を取り合っており、イラク政府はトルコの使者が交渉のために訪問するのをまだ待っていると発表した。そして、二週間前、バルハム・サリ大統領は、水問題のために自国に「実存的危険」があると警告した。 国連も、三カ国に対し、公正な水共有協定について交渉し、コミットするよう求めていた。

イラク特有の水不足により、農民は井戸の違法掘削に頼るようになった。これは地下水面の枯渇につながり、土壌中の塩分濃度が高くなりすぎると農地が破壊される。その結果、農地が縮小し、同国の食料安全保障が脅かされている。

これらすべてに加えて、貧弱なインフラがチグリス川とユーフラテス川の汚染に寄与し、特に南部諸州でのきれいな飲料水の供給の深刻な不足を悪化させているという事実がある。

しかし、トルコとイランの両方の協力がなければ、イラクの水危機は悪化し、機能不全の政治システムによって引き起こされる、国家の崩壊を加速させる可能性のある深刻な社会経済的、人口統計学的および環境的課題をもたらすだろう。この古代の土地が渇死という亡霊に直面するのを止めるには時間が足りない。

  • オサマ・アル・シャリフ氏は、アンマンを点とするジャナリスト兼政治評論家である。Twitter: @plato010
特に人気
オススメ

return to top