Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 北朝鮮で明らかになりつつある金与正(キム・ヨジョン)氏の権力への道のり

北朝鮮で明らかになりつつある金与正(キム・ヨジョン)氏の権力への道のり

金与正氏は、北朝鮮の核実験につながる路線を積極的に追求している。(ロイター)
金与正氏は、北朝鮮の核実験につながる路線を積極的に追求している。(ロイター)
Short Url:
19 Aug 2022 01:08:03 GMT9

北朝鮮の新型コロナウイルスへの勝利は、金正恩氏の妹である金与正氏によって示されているとおり、国家政治に包み込まれている。先週、彼女は朝鮮労働党中央委員会で初めての正式演説を行い、平壌の外交政策に影響を与えることとなる北朝鮮の指導者における新たな局面を強調した。太平洋東部が熱を帯びつつある今、金氏が前面に出ることは政権にとって賢明な行動である。

国営テレビで放映された金氏の演説は、卑猥な言葉を含んでおり、北朝鮮に新型コロナウイルスを拡散させ、弟を感染させたと彼女が非難する韓国からの風船の打ち上げへの報復として、細菌戦の使用を脅すものであった。このように弟の病気を公に認めたことは、北朝鮮支配層の分析においては初のものであった。この説明は、はっきりと政権中枢における健康問題を自認する暴露的な言及であった。

興味深いことに、北朝鮮の指導者が見つめているのは聴衆の反応ではなく妹であり、彼は妹の発言を分析している。このような両者の位置づけは、金与正氏の地位向上、特に彼女が最も重視する韓国の件における地位向上を物語っている。彼女は、北朝鮮の核実験につながる路線を積極的に追求している。彼女は現在、7回目となる核実験の可能性を真っ先に示すだろう存在と言えそうだ。

現在の国際環境では、核実験は近い将来、おそらく年内に行われる可能性が高い。
韓国の統一団体や平和運動家たちは、両国を隔てる非武装地帯に友好の風船を飛ばしている。さらに、「弟を病気にした」かどでの韓国への「報復」の脅しは、中国、日本、ロシア、そしてもちろん韓国との間で高まり続ける緊張状態と関係がある。文在寅大統領時代に制定された法律のもと、平和団体が北朝鮮上空に風船を飛ばすことは禁止されたけれども、当局はこの法律を執行していない。平壌はこの問題を利用している。

34歳と信じられている金与正氏は、賢い。彼女は北朝鮮のプロパガンダを積極的に推し進めることで知られており、北朝鮮の野心的な2022年の弾道ミサイル実験計画を支える幹部の1人である。この計画は現在一時的に停止しているが、いつ再開してもおかしくない。この実験の停止は、彼女の演説において重要な意味を持っている。外交および実験の嵐の前の小康状態なのかもしれない。現在の環境では、平壌に注意し、極めて強固な姿勢を保つのが最善である。金氏は、北朝鮮の新兵器開発を指揮する朴鐘川(パク・ジョンチョン)元帥と同じ政策集団に所属していることが、それを物語っている。

彼女は、北朝鮮の組織指導部内で出世して第二位の地位となり、今回の演説でそのリーダーシップを確固たるものにした。金氏は、ほぼ全ての公式の場では兄の側にいるけれども、最近の式典ではそうでない場合もあり、金王朝を象徴する一族の力学のユニークさが浮き彫りになっている。

おそらく金氏が最も注目を浴びたのは、2018年に韓国で開催された冬季オリンピックであった。そこで彼女は代表を務め、アジアと欧米の上級指導者とともに座った。彼女のソウル訪問は、当時、重要な意味を帯びていた。韓国人にとっては、北朝鮮の高官が特別な機会に訪問することは過去にもあったが、北朝鮮の支配者一族の人物が国境を越えることは初めてだった。

確かに、金氏は厳格な男性管理社会にいるが、そこでは性別よりも血統が重視される。彼女は金正日前総書記と高英姫氏の末子である。彼女の祖父は北朝鮮の初代指導者である。北朝鮮の視点から見て、仮に性別が重要であるとすれば、金与正氏は、兄に万一のことが生じた場合に、強い権力を持つ摂政となる可能性がある。

北朝鮮では今、性別による区分が機能している。金与正氏は、同国初の女性指導者になる可能性がある。地域が不安定なこの期間に、もし彼女が指導者となった場合、どのような政策的地位をとるかが試されることになる。

地域が不安定なこの時期、彼女がリーダーとしてどのような政策的立場を取りうるのかが試されることになる。

セオドア・カラシク博士 

おそらく彼女は、重要な役職に就き、かつ、兄が新型コロナウイルス流行以降の北朝鮮の戦略的展望を作り上げるという成果を達成する前に、力を蓄えているのだろう。兄との結びつきが彼女の頑強さを損なうのではという疑問もある。金与正氏の政策手腕は、より直接的になりつつあり、今後数カ月のうちにより重要性を増すであろう地域において発揮されつつある。

最後にもう一点。北朝鮮の関心は東アジアだけにとどまらず、南半球の他の地域でも、強力かつ静かな存在感を示している。平壌での女性のリーダーシップは、これらの人々にとって重要なインスピレーションの源となる可能性がある。

  • セオドア・カラシク博士は、ワシントンのアラビア湾国家分析機関の上級アドバイザーである。Twitter: @tkarasik
topics
特に人気
オススメ

return to top