Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • イスラム文化の遺産と経済の多様化を目指すサウジアラビア

イスラム文化の遺産と経済の多様化を目指すサウジアラビア

Short Url:
03 Oct 2022 02:10:15 GMT9
03 Oct 2022 02:10:15 GMT9

サウジアラビアには世界でも有数のイスラム文化の歴史的史跡があるが、海外からの観光客はまだサウジアラビアを訪れることを選択肢に入れていない。

サウジアラビア経済は何十年もの間、石油に大きく依存し続け、それが国の評判を支配してきたほどである。しかし、ここ数年、サウジアラビアの新政権は「ビジョン2030」改革を通じて、積極的に経済の多角化を進めている。その多角化のひとつが、10年前では考えられなかった観光事業の育成だ。

従来、旅行者はビジネス行うためや、家族の訪問のために、ハッジやウムラにのみ入国を許されてきた。しかし、その目標を達成するためには、サウジアラビアは2030年までに外国人観光客を5,500万人に増やす必要がある。この目標が観光ビザの導入につながり、国際的な観光が奨励される新時代が到来したのである。

しかし、経済学者が投げかける疑問は、サウジアラビアの観光事業のポテンシャルを確かな経済部門に転換できるのか、それともハッジやウムラの観光客増加に全面的に頼らざるを得ないのか、ということであった。もっと具体的に言えば、サウジアラビアが外国人観光客に何を提供すれば、他の目的地ではなく、この国を選んでもらえるのか、ということだ。

この問いに対する唯一の現実的な答えは、イスラムの歴史である。

世界で最も訪問者数の多い国のトップ10に入るには、その国独自の魅力的な資産を持っているか、他の目的地よりもはるかに楽しい経験を提供する必要がある。

後者については、現地の習慣や文化にマイナスの影響を与えずに、サウジアラビアで実現するのは難しいだろう。しかし、「本物のイスラム文化の史跡」という、ユニークで魅力的な財産を提供することは可能である。サウジアラビアは、未だ開発されていない歴史的に重要なイスラム史跡の種類に豊富に恵まれている。これらの史跡は、国内的に望ましいだけでなく、イスラム文化の歴史にとって重要であるため、世界的にも重要である。

サウジアラビア観光の基盤としてイスラム文化の遺産を活用することは、世界中のイスラム教徒に自分たちの宗教を体験する方法を提供し、イスラム世界がその豊かなイスラム文化と歴史を世界中の非イスラム教徒と共有する機会を創出することによって、サウジアラビアの存在意義をさらに高めることができる。

社会経済的に活気のある観光部門を構築することは、ビジネスを構築するよりもはるかに複雑で、直接的ではない。したがって、経済的な成功は個々の史跡の収益性によってではなく、観光部門に貢献し、共に雇用を創出し、国内総生産を増加させる、幅広い関連部門やビジネスによってもたらされるのである。

サウジアラビアには、経済を構造的に変化させる可能性のある、新しく独自に提供できるものがある。正しい取り組みを行えば、サウジアラビアだけでなく、イスラムの歴史に対する世界の全体的な認識を変えることができるだろう。

アミラ・エル・アダウィ

これまでの経験や研究により、遺産の真正性がその遺産が生み出す経済的価値に大きく影響することが明らかになっている。時間とお金をどこに使うか、多くの選択肢を持つ経験豊富な観光客にとって、作られた歴史や商業化された遺産はもはや十分ではないのである。

観光客は自分たちが何を求めているのかを明確に理解しており、お金を出すか出さないかによって意思表示をしている。彼らは本物を求めているのであり、受け入れ先の国はその欲求を満たすことで、大きな経済的価値を見出すことができる。

これらの宗教的史跡を、多様な訪問者を惹きつけることができる「主力製品」として捉え、その魅力で観光GDPを引き上げる構造的に確かな部門を構築し、観光事業に貢献し、支援する補助部門を発展させることが正しい取り組み方である。

だからといって、主力製品となるような魅力的な本物の遺産を作ることは簡単ではない。その戦略には、的を射た努力と、安易な解決策の誘惑に負けない信念が必要である。主力となる遺産の開発を成功させる鍵は、その遺産が可能な限り本物で非商業的であることを保証することである。歴史的建造物をそのままの形で保存し、それにふさわしい敬意と尊敬の念を込めた宗教的なコンセプトで包み込み、なおかつそれを支える快適で豪華なインフラを構築するためには、微妙なバランスを保つ必要がある。

それはまた、これらの場所を小売店や飲食店、娯楽の中心地に変えようとする誘惑に抵抗することも意味する。高級ホテルやショッピングモールは話題性があり、投資家の興味を引くが、その効果は短期的であり、サウジアラビアの競争力を高めるものではない。長期的には、観光客が今後何年にもわたって体験したいと思うような本物の遺産に基づいた、構造的に確かな経済部門を構築することによって、持続的な利益がもたらされる。

サウジアラビアの指導者たちは、自分たちをイスラム教の聖地の守護者とみなしてきた。今後はその定義を拡大し、サウジアラビアのイスラム文化の遺産全体を対象に、長期的な視野に立ちながら、それらを将来の世代のために保護することが必要だろう。

サウジアラビアの観光産業の目標は野心的である。10年以内に1億人の雇用とGDPの10%以上を達成するのは容易なことではない。これまでのところ、何が外国人観光客をサウジアラビアに惹きつけるのかを見極めるのに苦労している。

しかし、このような懐疑的な考え方は、イスラムの歴史に基づいた、宗教的で有益だが、魅力的で楽しい本物の体験がもたらす潜在的な可能性を考慮していない。この潜在的な可能性は、「ビジョン2030」における観光分野の評判の柱となり得るものである。

イスラム文化の遺産には、サウジアラビアの経済を構造的に変化させる可能性のある、新しく独自に提供できるものがある。適切な取り組みを行えば、その野心的な目標を達成、あるいはその目標を超えて、サウジアラビアに対するものだけでなく、イスラムの歴史に対する世界の全体的な認識を変えることができるかもしれない。

– アミラ・エル・アダウィ氏は観光事業と公共政策の専門家であり、いくつかの国の観光部門を成功に導くための支援を行ってきた。AMIRA & COの創設者であり、ベイン・アンド・カンパニーの外部アドバイザーも務める。以前はブーズ・アンド・カンパニーのシニアプリンシパルであった。ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、コーネル大学でホスピタリティ学の修士課程を修了。

特に人気
オススメ

return to top