Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、5G技術の利用で世界第4位にランクイン

サウジアラビア、5G技術の利用で世界第4位にランクイン

10 May 2020
2018年2月27日、スペイン・バルセロナで開催されたモバイルワールドコングレスの間、サウジ・テレコム社のスタンドに展示された5Gコネクテッドカーのシミュレーターに座る女性たち。(REUTERS)
2018年2月27日、スペイン・バルセロナで開催されたモバイルワールドコングレスの間、サウジ・テレコム社のスタンドに展示された5Gコネクテッドカーのシミュレーターに座る女性たち。(REUTERS)
Short Url:
Updated 10 May 2020
10 May 2020

マッカ:サウジアラビアは、全国的なデジタルトランスフォーメーションの取り組みの結果、5G技術の利用で世界第4位、インターネット速度では第10位となった。

通信・情報技術省の技術・産業・デジタル能力担当副大臣であるAhmed Al-Theneyan博士は、金曜日にマッカ商工会議所によって開始されたイベント「デジタル・ランタン」のオープニング・ウェビナーでこの調査結果を発表しました。

「私たちはデジタルトランスフォーメーションと質的飛躍を誇りに思っています」と彼は言いました。「サウジアラビアはインターネットの速度の点で世界150位からに10位に急上昇し、これはインフラの堅牢さを示している」

「これは、300万世帯以上のサウジアラビアの家庭に到達した光ファイバーの使用が増加したことにも起因しており、また、健康や産業分野などで使用されるであろう5G技術もそれに伴っています」

サウジアラビアは今7,000以上の5G塔を制御し、大臣は複数の訓練プログラムを立ち上げたと語った。このセクターのローカライゼーション率は52%であり、同省はまた、雇用創出を支援するプログラムを実施している。Al-Theneyan博士は技術的なデジタル意識を促進することを目的としている大臣の「デジタル寄与議案」を強調した。

SPA

Most Popular
Recommended

return to top