Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • コロナウイルス鼻スワブ検査:本当に痛いのだろうか?

コロナウイルス鼻スワブ検査:本当に痛いのだろうか?

11 May 2020
2020年5月7日、COVID-19パンデミックの中サウジアラビアの首都リヤドのディリヤ病院で行われたコロナウイルスのドライブスルー検査キャンペーンにて鼻から綿棒で検体を採取する医療従事者。(AFP)
2020年5月7日、COVID-19パンデミックの中サウジアラビアの首都リヤドのディリヤ病院で行われたコロナウイルスのドライブスルー検査キャンペーンにて鼻から綿棒で検体を採取する医療従事者。(AFP)
Short Url:
Updated 11 May 2020
11 May 2020

ロジアン・ベン・ガッセム

リヤド:コロナウイルスの特定には様々な診断検査が使用されるが、保健当局は初期患者を検出するために感染が疑われる患者に鼻咽頭スワブ検査を行ってきた―しかし多くの人はこのプロセスが痛かったり不快だったりするのではないかと恐れている。

コロナウイルス検査は通常通りの生活に戻るための鍵となる可能性がある。ソーシャルメディア上には鼻スワブ法がどのように行われているかを示す動画が多く出回っているが、患者の反応を見て腰が引けてしまった人は多い。

鼻咽頭スワブ・培養のこの検査は、上気道感染症の診断のための一般的な手順である。

医療従事者は、長い綿棒のようなものを人の鼻にそっと挿入し、綿棒を回して検体を採取し、バイアル瓶に入れます。検体は分析のためにラボに送信される。

保健省の報道官、モハメド・アル=アブド・アル=アリー博士によると、スワブ検査の実施中には人は不快感を感じ、くしゃみや咳をしたいという衝動に駆られると想定される。その感覚は検査の完了直後に消え、人は痛みを感じることなく通常の生活に戻ることができる。

感染症コンサルタントのファドワ・アル=オフィ医師は、患者が鼻スワブ検査を受ける間の経験についてアラブニュースに語り、ほんの数秒しかかからないと説明した。

「鼻スワブは、患者の鼻から鼻咽頭領域まで挿入される木製かプラスチック製の棒です。私自身は受けたことはありませんが、患者の説明によると、わずかな痛みくしゃみをしたくなる感覚があるようです」と、アル=オフィ医師は語った。

医師は、痛みの閾値は一人一人異なるが手順自体は数秒しかかからない、と述べた。

ジッダのキング・アブドゥッラ複合医療施設で働くアフラ・アル=ソマリ医師は、保健省は医師に毎日鼻スワブ検査を依頼していると語った。普通の日には、1人の医師は20〜30件のスワブ検査を行う。

アル=ソマリ医師は、検査により不快感が起きることがあっても、患者は協力的で検査の重要性を理解してくれたと語った。また、医師たちは誰かがくしゃみや咳をした場合に備えて検査中は自分を守るためのフェイスシールドを着用していたため、患者は怖い思いも緊張もしていなかったと述べた。

コロナウイルスの陽性反応を示し、現在回復中の外交省の公館リストディレクター、クラウド・ムラーは、鼻スワブは非常に不快なものだったとアラブニュースに語った。「私は診断以来、これまで8回の鼻スワブを受けています」

「医師の技によります」と、ムラーは言った。「多くの場合、痛みは許容範囲か軽度ですが、それ以外の場合には経験不足により痛みが生じることがあります。私は一度だけ痛みを感じましたが、痛みは15分間続きました。看護婦が急いで検体を採取したからだと思います」と、ムラーは語った。

ムラーは、綿棒が優しく、ゆっくり、迅速に挿入されるかどうかは問題ではないと述べた。いずれにしても一時的に不快感があるが、重要な処置である。

Most Popular
Recommended

return to top