Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、COVID-19回復者が300,000人を超える

サウジアラビア、COVID-19回復者が300,000人を超える

サウジアラビアで新型コロナウイルスから回復した人の総数は300,933人に達した。(SPA)
サウジアラビアで新型コロナウイルスから回復した人の総数は300,933人に達した。(SPA)
Short Url:
12 Sep 2020 05:09:45 GMT9
12 Sep 2020 05:09:45 GMT9
  • 保健省は金曜日、687人の新型コロナウイルスの新規感染者と24人のウイルスによる死亡者を報告した
  • サウジアラビアの保健省は、新たに687人が新型コロナウイルスに感染し、24人がウイルスにより死亡したことを発表した

アラブニュース

ジッダ:金曜日に発表された最新の数字によると、サウジアラビアで新型コロナウイルスの大流行から回復した人の総数は300,933人に達した。

一方、サウジアラビアの保健省は、新たに687人が感染したことを発表した。すなわち、これまでに324,407人がウイルスに感染したことになる。19,261人が治療中で、そのうち1,368人が重体だ。

保健省は金曜日にさらに24人の死亡者を発表し、死亡者数は4,213人に上った。新規感染者のうち、メッカで72人、ダンマームで49人、ジッダで48人、メディナで42人、リヤドで37人が確認された。

サウジ通信社によると、新たに感染した人のうち、45%が女性、10%が子供、4%が高齢者、86%が成人だった。

サウジアラビアはこれまでに5,645,077件のPCR検査を実施しており、過去24時間では55,584件が実施された。

保健省は、COVID-19の症状がある人は専門に支援を行うTetamman(安心)診療所に、無症状者、軽症者、あるいは感染者と接触したと思われる人は、その対象に指定されているTaakad(確認)センターに行くようにとの勧告を更新した。

予約はSehatyアプリを介してか、24時間体制で相談や問い合わせに対応しているサービスセンターの937への電話でできる。

人々はまた、920005937番を介して同省のWhatsAppインタラクティブサービスを使用できる。サービスでは、健康情報やサービスを入手したり、ウイルスの動向、プライマリケアセンター、献血センター、予約、およびそれらを取得する方法について知ることができる。

一方、ジーザーン保健局は、同地域でTetamman診療所とTaakadセンターを利用した人の数がこれまでに8万人近くに達したことを確認した。

Tetamman診療所は、この地域のすべての州に分散した9つのクリニックを通して34,822人以上の利用者を受けいれた。一方、Taakadセンターを訪問した人の数は、ドライブスルー検査を含む8つのセンターを通じて45,178人を超えた。

メディナでは、Taakadが同都市に開設されて以来、191,000人の利用者にサービスを提供してきた。

メディナ保健局によると、センターには2つのメイントラックと6つの副トラックに分かれた12の検査室があり、1日あたり4,000件以上の検査が可能だという。

これらの検査により、ウイルスの広がりの程度とウイルスが広がるカテゴリがわかり、感染を早期に発見し、感染の連鎖を断ち切ってウイルスの温床化を防ぐのを助ける。

特に人気
オススメ

return to top