Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアの国連特使が、イランによる民兵支援に反対する国際行動を促す

サウジアラビアの国連特使が、イランによる民兵支援に反対する国際行動を促す

Short Url:
13 Oct 2020 04:10:36 GMT9
13 Oct 2020 04:10:36 GMT9
  • アル・ムアリミ氏が、国連総会の軍縮と国際安全保障に関する会議で懸念を表明

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアの国連大使は月曜日、この地域での武装民兵に対するイランによる支援は国際法違反であると発言した。

アブダラ・アル・ムアリミ氏は、国連総会の軍縮と国際安全保障に関する会議で懸念を表明した。

サウジアラビア、米国および他の多くの国々は、イランと大国との間の2015年の核合意により、テヘランは財政的・政治的自由を獲得し、中東を不安定化する代理軍を支援してその政策を追い求めているという。

サウジアラビアは、「イランによる核合意の遵守違反を非常に懸念している」とアル・ムアリミ氏は語った。

サウジアラビアは、「イランによる核の調達を管理し監視するため、イランの核開発計画に関する国際的合意に達することの重要性を改めて表明し…そして、イランが地域において不安定な行動をとったり、テロを支援したりするのを防ぐ必要があると考えます。」

ドナルド・トランプ氏は2018年に米国を核合意から離脱させ、イラン経済に対する「最大限の圧力」キャンペーンを指示した。イランは濃縮ウランの生産を増やすことでこれに対応し、合意のいくつかの条件に違反している。

演説の中でアル・ムアリミ氏は、中東の非核兵器地帯にトップを設けることを求めた。

彼は、イスラエルはこの地域で核拡散防止条約に署名していない唯一の国であり、その核施設は国際原子力機関(IAEA)の保障措置協定の対象外となっていると語った。

topics
特に人気
オススメ

return to top