Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアのサルマン王がコロナウイルスワクチンを接種

サウジアラビアのサルマン王がコロナウイルスワクチンを接種

Short Url:
09 Jan 2021 12:01:26 GMT9
09 Jan 2021 12:01:26 GMT9
  • 「王国の方針は常に治療以前に予防である」
  • 複数のサウジアラビア当局者がすでにコロナウイルスワクチンを接種している

アラブニュース

リヤド:サウジ通信社が金曜日に報じたところによると、サウジアラビアのサルマン王がネオムでファイザー製コロナウイルスワクチンの初回接種を受けた

TawfiqAl-Rabiah保健大臣は、「パンデミックの発生から今日まで、国民と居住者の利益のためにあらゆる形で支援を与えてくれた」と、国王に感謝した。

Al-Rabiah氏は、「本日、国王がウイルス感染予防のためにワクチンを接種した。このイニシアチブは、王国の方針が常に治療以前に予防であることを証明する」と付け加えた。

サウジアラビアは、湾岸諸国の中でバーレーンに次ぎ、米国の製薬大手ファイザーとそのドイツのパートナーであるビオンテックが開発したワクチンの使用を承認した。

保健省によると、ワクチン接種は3段階で実施され、各段階は特定の人口統計を対象としている。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子とその弟ハーリド・ビン・サルマン王子は、他の数人のサウジアラビア高官とともに、すでにワクチンの初回接種を受けている。また、リヤド、マッカ、東部州の3つのワクチンセンターで、100万人以上がワクチンの初回接種を登録しており、これまでに10万人以上が接種した。

特に人気
オススメ

return to top