Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビア:イランは核の恫喝を続け、IAEAの保障措置制度は危機に瀕している

サウジアラビア:イランは核の恫喝を続け、IAEAの保障措置制度は危機に瀕している

サウジアラビアの駐オーストリア大使で、同国の国連およびウィーンの国際機関常任代表を務めるアブドゥッラー・ビン・ハリド・ビン・スルタン皇太子。(AN写真)
サウジアラビアの駐オーストリア大使で、同国の国連およびウィーンの国際機関常任代表を務めるアブドゥッラー・ビン・ハリド・ビン・スルタン皇太子。(AN写真)
Short Url:
06 Mar 2021 12:03:38 GMT9
06 Mar 2021 12:03:38 GMT9
  • アブドゥッラー・ビン・ハリド・ビン・スルタン皇太子:サウジアラビアはイランに対し、IAEAの要求を満たすために全面的に協力し、提出された照会にこれ以上の遅延や先延ばしをすることなく回答するよう求める
  • 大使は、核能力を拡大・発展させるなどイランによる継続的な包括的共同行動計画(JCPOA)の逸脱や条項違反を非難した

アラブニュース

ジェッダ:サウジアラビアは、過去1年半における未申告の場所に関する国際原子力機関(IAEA)の要求に対処するイラン側の頑なな態度を非難した。

サウジアラビアの駐オーストリア大使で、国連およびウィーンの国際機関常任代表を務めるアブドゥッラー・ビン・ハリド・ビン・スルタン皇太子は、IAEA理事会の3月の会合への参加中に発言し、イラン当局者による技術的な信頼性を欠いた「不十分な」対応を強調した。

「(イランの対応は)IAEAに協力するという真剣さが欠如していることを反映している。未解決の問題や保障措置関連の問題に進展がないという事務局長の懸念にもかかわらず、また、IAEAがイランを関与させてそうした問題を明確にして少しでも早く解決するため積極的な努力をする意思を示しているにもかかわらずである」と皇太子は語った。

同氏は、2020年6月の会期で採択された決議案は、イランのこうした棄権の動機を示していると指摘した。

IAEA理事会は、イランに対し、NPT(核兵器不拡散条約)保障措置協定と追加議定書の履行に全面的に協力し、IAEAの要求を遅滞なく満足させることを求める決議を採択した。

「これによりイランのディスインフォメーション政策の継続が確認され、イランが核プログラムに関して何を求めているのかという疑念を強めている」と大使は述べた。

同氏は次のように付け加えた。「追加議定書の停止に伴うイランの度重なる違反、イランによる追加議定書及び保障措置協定の補助的取決め修正規則3.1の履行を回避しようとする試みに基づき、サウジアラビアはイランに対し、、IAEAの要求を満たすために全面的に協力し、提出された照会にこれ以上の遅延や先延ばしをすることなく回答するよう求める。」

大使は、イランが不可逆的な専門知識を含む核能力を拡大・発展させ、また濃縮ウランを20%生産する計画に加え、追加議定書の履行を停止して非平和的な核計画の秘密を世界に明らかにするなど、イランによる継続的な包括的共同行動計画(JCPOA)の逸脱や条項違反を非難した。

「イランは当初から核合意の欠点を見つけそれを悪用しながら、国際社会を脅迫し、恫喝する政策を実行し続けている」とアブドゥッラー皇太子は言う。

同氏は、現行の合意の欠陥をすべてカバーし、イランがいかなる形であれ核兵器を手に入れ、その運搬手段を開発することを防止することを保証する包括的な核合意の重要性を強調した。

サウジアラビアの国連常任代表は、イランは「核の恫喝」政策を信じているようであり、それは公の発言に明らかに反映されていると付け加えた。

「当初からこの合意の背後でイランが意図していた核兵器取得の努力を封じ込めなければ、この地域での核拡散の現実の危険性が示されることになり、ひいては地域や世界全体の不安定化をもたらし、テロリズムの支援をさらに促進することになる」と同氏は語った。

アブドゥッラー皇太子は、現在 「危機に瀕している 」保障措置制度を維持するのは理事会加盟国の責任であるとして、国際社会は恫喝や挑発行為を阻止するために毅然とした態度を取らなければならないと付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top