Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアのグリーンイニシアチブに大きな関心を持つ国連当局者

サウジアラビアのグリーンイニシアチブに大きな関心を持つ国連当局者

サウジアラビアの「グリーンイニシアティブ」には、王国での100億本の植林が含まれている。 (Shutterstock) 
サウジアラビアの「グリーンイニシアティブ」には、王国での100億本の植林が含まれている。 (Shutterstock) 
Short Url:
31 Mar 2021 12:03:08 GMT9
31 Mar 2021 12:03:08 GMT9
  • サウジアラビアと中東のグリーンイニシアティブは、地域の炭素排出量を60%削減することを目標としている。
  • 国連の広報担当者Stephane Dujarric氏は、このプロジェクトについてもっと詳しく知りたいと述べた。

Ephrem Kossaify

ニューヨーク:国連は、サウジ・グリーンイニシアティブと中東グリーンイニシアティブを、「大きな関心を持って」追っている。これらイニシアティブは、サウジアラビアと周辺地域が直面する環境問題に対処するために地域協力を呼びかけるものである。

土曜日にムハンマド・ビン・サルマン皇太子が発表したこのイニシアティブには、この地域の炭素排出量を60%削減するための多くの野心的なプロジェクトが含まれている。 このイニシアティブは主に、クリーンな炭化水素技術の活用と、王国での100億本を含む500億本の樹木の植林によって達成される。 世界最大の植林プロジェクトといわれるこのプロジェクトは、数百万ヘクタールに及ぶ劣化した土地の再生にも役立つという。

加えて、このイニシアティブは、海洋・沿岸環境の保全、自然保護区の増加、石油生産規制の改善、クリーンエネルギーへの移行の加速、再生可能エネルギーによって生成されるエネルギー量の増加を目指している。

サウジアラビアのイニシアティブは、環境問題への対応とこの地域の人々の生活向上に向けた近隣諸国間のパートナーシップの重要性を強調している。

「私たちは、サウジアラビアなどの国々が、気候変動への対応を向上させるために行っている取り組みに、大きな関心を持って追っています」と、アントニオ・グテーレス国連事務総長の広報担当者であるStephane Dujarric氏は述べた。

「私たちは、米国主催の4月22日会合において、サウジアラビアや他のG20メンバー国から更なる意見を聴くことを非常に期待しており、この会合は次の節目となるものです。」

この会議は地球の日に開催される首脳気候サミットで、この日はまた気候変動に関するパリ協定の署名が始まった日から5周年にあたる。

国連は、2021年が気候危機の対応に成功するか失敗するかを決定する重要な年になりつつあると考えている。 国連開発計画(UNDP)のエネルギー責任者であるMarcel Alers氏は、アラブ・ニュースとの最近のインタビューで、11月にスコットランドのグラスゴー市で開催される国連気候変動会議は、この問題に対応する政治的意思が説得力をもって出現し、実際の行動につながる最後の機会になるかもしれないと述べた。

彼は、すでに気候変動を主導している国としてのサウジアラビアを強調した。 高い気温により、地球温暖化の影響を特に受けやすい国として、王国は悪循環に陥っていると、Alers氏は言う。この悪循環とは、気候変動が気温を上昇させ、空調システムに電力を供給する需要が増え、さらなる化石燃料の燃焼が必要となり、炭素排出量が増加し、その結果、地球温暖化が加速するというものである。

サウジアラビア当局は未来を見据え、新技術の採用におけるパイオニアとして同国を位置づけ直そうとしている、とAlers氏は述べた。

「サウジアラビアは、明日のエネルギー革命のリーダーになるかもしれません」と彼は付け加えた。

土曜日にグリーン・イニシアティブを発表した際、ムハンマド皇太子は、「世界の主要石油生産国として、我々は気候危機への対応を前進させる責任を十分に認識しています。私たちが石油・ガス時代に、エネルギー市場の安定化において指導的な役割を果たしたのように、来るべきグリーン時代をリードするよう努力します」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top