Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ジェッダの保険当局がワクチン接種を拒む医療従事者に対し措置を講ずる

ジェッダの保険当局がワクチン接種を拒む医療従事者に対し措置を講ずる

この決定は、日々の公式な感染者数が4桁を超えて増加している極めて大事な時期に行われた。(SPA/資料写真)
この決定は、日々の公式な感染者数が4桁を超えて増加している極めて大事な時期に行われた。(SPA/資料写真)
Short Url:
29 Apr 2021 04:04:12 GMT9
29 Apr 2021 04:04:12 GMT9
  • 保健省はCOVID-19の新規感染者を1,062人、回復者を867人、死亡者を13人と報告

ハラ・タシュカンディ

リヤド: ジェッダ保健局が、コロナウィルス感染病(COVID-19)のワクチン接種を拒否する医療従事者に対し、保健省(MoH)の職務違反委員会に委託することにより措置を講ずると明言した。

同局の局長が発行した通達によれば、同行政区域全体で医療従事者のワクチン接種数が少ないことが今回の決定の理由になった。通達は続けて、ワクチンを摂取しない医療上の理由がある者は免除されるが、その他のジェッダの全医療従事者がワクチン接種を受ける義務があると述べた。

同局は、ワクチン接種は市民の義務であり、ウィルスの拡散を抑えるために必要であることを確認した。また、ワクチンは全ての規制に沿ったものであることを市民に改めて保証した。

この決定は、日々の公式な感染者数が4桁を超えて増加している極めて大切な時期に行われた。MoHは引き続き市民に対し、サウジ人と居住者の両方が無料で接種できるワクチンに登録することを要請している。

ワクチン接種の予約は、MoHの指定アプリSehhaty経由で行うことができる。また、ウィルス検査の予約も可能だ。

MoHは水曜、COVID-19の新規感染者を1,062人、回復者を867人、死亡者を13人と発表した。これにより、王国で確認された感染者数は合計415,281人、回復者398,454人、死亡者6,935人に増加した。

新規感染者のうち、最も報告が多かったのはリヤドの458人、続いてメッカ地域の231人、東部州の136人だった。最も報告が少なかったのは北部国境州の13人、バハの9人、ジュフの7人だった。

王国は合計16,774,888件のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査も実施しており、そのうち66,185件が過去24時間以内に行われた。

王国の現在治療中の感染者数は9,892人で、そのうち重症者は1,928人と、昨日から21人増えている。一方、王国の回復率は95.9%と安定している。

ワクチン接種に関しては、王国はこれまでに880万回接種分以上を提供しており、現在の1日あたりの接種数は168,988件に上る。

一方、保健省が検査ハブまたは治療センターとして設立した診療所は、パンデミックが始まって以来、王国全域で数十万人の人々を助けてきた。

それらの検査ハブの一つが、Taakad(「確実にする」)センターやTeramman(「安心する」)クリニックだ。

Taakadセンターは、症状がないか軽度、または感染者との接触があったと確信する人々に対し、COVID-19検査を提供している。

topics
特に人気
オススメ

return to top