Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • コロナウイルスにより世界最長のアニメが中断

コロナウイルスにより世界最長のアニメが中断

2020年5月11日に東京・長谷川町子美術館から届いたこの配布資料は、テレビアニメ「サザエさん」シリーズの画像で、キャラクターのサザエさん(左2枚目)とその家族が家の前にいる様子が描かれている。(AFP)
2020年5月11日に東京・長谷川町子美術館から届いたこの配布資料は、テレビアニメ「サザエさん」シリーズの画像で、キャラクターのサザエさん(左2枚目)とその家族が家の前にいる様子が描かれている。(AFP)
Short Url:
12 May 2020 02:05:06 GMT9
12 May 2020 02:05:06 GMT9

東京:世界で最も長く放送されている漫画であり、日本の週末の主役でもある「サザエさん」は、コロナウイルスの影響で制作が中断され、数十年ぶりに再放送を余儀なくされた。

1969年に初放送された「サザエさん」は、両親、夫、息子、兄、妹と暮らす、明るくも不器用な専業主婦のサザエさんの生活を描いた作品である。

日曜日の夜に放送された30分のエピソードは非常に人気があり、日本の多くの人にとって週末の終わりを意味するようになってきました。

しかし、ギネス世界記録にも認定されているこのアニメは、ウイルスの発生に影響を受けており、アニメーションの吹き替えはスタッフを安全に保つために中止されたと、放送局のフジテレビが発表した。

「サザエさん」の新エピソードの放送を5月17日からしばらくの間停止し、代わりに再放送を放送すると日曜日に発表した。

放送局は今後の放送は2年前のエピソードになると述べ、できるだけ早く新しいエピソードの再開日を発表するだろうと付け加えた。

放送局が再放送を余儀なくされたのは1975年以来で、以前の石油危機の経済効果が長引いたときである。

日本では、コロナウイルスの感染者数は15,800人近く、死者数は621人と、比較的小規模な発生となっている。

日本は先週、5月末まで延長された非常事態下にあるが、政府は一部の地域で早期に対策を解除することを検討している。

AFP通信

topics
特に人気
オススメ

return to top