Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レゴビルダーが「神奈川沖浪裏」のブロック作品を公開 – 大阪

レゴビルダーが「神奈川沖浪裏」のブロック作品を公開 – 大阪

青と白からなるこの立体作品は、レゴビルダー三井氏による多くの作品の中の1つ。彼は建築、キャラクター、動物をも立体作品として制作することで知られており、受託制作も行っている。(三井淳平/Twitter)
青と白からなるこの立体作品は、レゴビルダー三井氏による多くの作品の中の1つ。彼は建築、キャラクター、動物をも立体作品として制作することで知られており、受託制作も行っている。(三井淳平/Twitter)
Short Url:
16 Dec 2020 05:12:00 GMT9
16 Dec 2020 05:12:00 GMT9

Shams El -Mutwalli、ドバイ

レゴビルダーの三井淳平氏が、画家・葛飾北斎の名作「神奈川沖浪裏」をレゴブロックで再現。作品は大阪のHANKYU BRICK MUSEUMで展示されている。

三井淳平氏の最新作品では、元の日本画で描かれている波と周囲の舟の両方が、ブロックを用いて表現されている。

青と白からなるこの立体作品は、レゴビルダー三井氏による多くの作品の中の1つ。彼は建築、キャラクター、動物をも立体作品として制作することで知られており、受託制作も行っている。

レゴのウェブサイトは、日本を拠点とするレゴ作家の淳平氏を「最年少のレゴ認定プロビルダー。東京大学在学中にプロのレゴビルダーとなった」としている。

三井氏は多くの企業の依頼で作品を制作しており、タイやマレーシアなど様々な国で作品を展示している。

YouTubeチャンネルも持つ彼は、そのチャンネルで視聴者のために自身が作品を組み立てる動画や、組み立て方法を実演説明する動画も投稿している。

「彼の作品を見た多くの人々は、レゴブロックの無限の可能性を再発見する」とレゴ社は評価している。

HANKYU BRICK MUSEUMは2017年4月に開館。様々な日本の景勝地など、レゴブロックで制作された多くの作品を展示している。

topics
特に人気
オススメ

return to top