Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • フランス人アニメーターのアレクサンドル・ゴメス氏が日本のアニメへの愛を語る

フランス人アニメーターのアレクサンドル・ゴメス氏が日本のアニメへの愛を語る

優れたフランス人2Dアニメーター、アレクサンドル・ゴメス氏の作品
優れたフランス人2Dアニメーター、アレクサンドル・ゴメス氏の作品
優れたフランス人2Dアニメーター、アレクサンドル・ゴメス氏の作品
優れたフランス人2Dアニメーター、アレクサンドル・ゴメス氏の作品
優れたフランス人2Dアニメーター、アレクサンドル・ゴメス氏の作品
優れたフランス人2Dアニメーター、アレクサンドル・ゴメス氏の作品
Short Url:
22 Oct 2021 06:10:53 GMT9
22 Oct 2021 06:10:53 GMT9

アミン・アッバス

ドバイ:サンダの名で知られるフランスの2D・3Dアニメーター、アレクサンドル・ゴメス氏はさまざまなアニメプロジェクトに携わり、日本とフランスのアニメーションスタイルの違いを強調してきた。

アラブニュース日本版の独占取材に応じたゴメス氏は、影響を受けたアニメと漫画について語った。「『ドラゴンボール』、『DRAGON QUEST ダイの大冒険』、そしていくつもの『少年ジャンプ』のアニメを見て育ちました」

ゴメス氏は20歳のときにアニメーターの活動を始め、その1年後から日本のアニメの仕事をするようになった。

「日本ではまず『動画マン』といって、中割りの担当になります。原画マンの描いた絵をととのえ、中割りを描くことを学びます。絵コンテの読み書きも覚えなければなりません」

ゴメス氏はアラブニュース日本版に対し、最初はなかなかペースがつかめなかった、と語った。

「日本人動画マンは1日に平均30枚から40枚の絵を描き、1カ月間に30カットから40カット程度を作成します。スタジオで人生を終えたくなければ、速度を上げなければならないことはすぐに分かりました」と彼は話した。

また、ゴメス氏はフランスと日本のアニメーションスタイルの違いに気付いた。ヨーロッパにおけるキャラクターデザインは一般的にラフに短時間で済ませるが、日本のデザインはよりリアルだという。

ゴメス氏が初めて来日したのは、ポケモンのアニメシリーズ制作で知られるOLMスタジオで最初のインターンをしたときだった。

現在は東映アニメーションに勤務している。「原画マンとして腕を磨き続けたい。いつかアニメ監督になりたいです」と抱負を語った。

topics
特に人気
オススメ

return to top