Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 高い評価を受けたアニメ映画『竜とそばかすの姫』が中東の映画館で上映中

高い評価を受けたアニメ映画『竜とそばかすの姫』が中東の映画館で上映中

『Belle』は2021年のカンヌ映画祭でプレミア上映され、2021年の日本映画で3番目に高い興行収入を記録した。
『Belle』は2021年のカンヌ映画祭でプレミア上映され、2021年の日本映画で3番目に高い興行収入を記録した。
Short Url:
13 Feb 2022 09:02:19 GMT9
13 Feb 2022 09:02:19 GMT9

アミン・アッバス

ドバイ: アカデミー賞にノミネートされたこともある細田守監督とスタジオ地図による待望の冒険アニメ『Belle(邦題:竜とそばかすの姫)』が、MENA地域の映画館を中心に公開されている。

『Belle』は2021年のカンヌ映画祭でプレミア上映され、2021年の日本映画で3番目に高い興行収入を記録した。日本では2021年7月に公開されている。

フロントロウ・エンターテイメントの代表者はアラブニュース・ジャパンに対し、次のように語った:「細田守とスタジオ地図によるハートフルな映画『Belle』を、MBCシャヒードとの提携で公開できることを、大変うれしく思います。中東のアニメ業界とアニメファンは、世界中で批評的にも商業的にも大成功を収めたこの映画の劇場公開を切望していました」

「フロントロウは、最も期待されているアニメ映画を中東へ継続的に持ち込むことに、誇りを持っています。2022年中にさらに多くの映画を提供する予定です。観客がベルの魔法と、それ以上のものをここで体験するのが待ちきれません」

『Belle』は、長編インディペンデント作品賞を含むアニー賞5部門にノミネートされた。日本のアニメ映画としては同賞における史上最多ノミネート数となり、それまでの作品『千と千尋の神隠し』、『千年女優』(共に2001年)、『天気の子』(2019年)の4部門を上回った。

特に人気
オススメ

return to top