Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラムコはテクノロジーを利用して排出量を改善、CEOが発言

サウジアラムコはテクノロジーを利用して排出量を改善、CEOが発言

サウジアラムコのアミーン・ナーセル社長兼CEOは、同社が70%の回収率を達成できたのはすべてテクノロジーのおかげであると、フューチャー・インベストメント・イニシアチブで話した。(スクリーンショット:FIIインスチチュート)
サウジアラムコのアミーン・ナーセル社長兼CEOは、同社が70%の回収率を達成できたのはすべてテクノロジーのおかげであると、フューチャー・インベストメント・イニシアチブで話した。(スクリーンショット:FIIインスチチュート)
Short Url:
28 Jan 2021 02:01:01 GMT9
28 Jan 2021 02:01:01 GMT9
  • アミーン・ナーセルがリヤドで開催中のフューチャー・インベストメント・イニシアチブの1日目に話した

アシール・バシュラヒル

ジッダ: サウジアラムコは加速されたテクノロジーを活用することで、市場におけるその信頼性を築き上げると共に、炭素排出量を削減してきた。

サウジアラムコのアミーン・ナーセル社長兼CEOによれば、貯留層の管理にデータ分析とシミュレーションモデルを利用することが、70%の回収率を同社が達成する助けとなっており、それはすべてテクノロジーのおかげであるという。

「2020年の当社の信頼度は99.8%で、納入に関しては世界最高レベル」と、同CEOは現在リヤドで開催されている第4回フューチャー・インベストメント・イニシアチブ(FII)フォーラムで代表者らに語った。

技術に投資するサウジアラビアの「機敏性と実行スピード」が、中東および北アフリカに対する10億ドル相当の最大のデジタル投資を王国にもたらしてきたと、サウジのアブドラ・アミル・アルスワハ通信・情報技術大臣は、『コードをクラック:世界の技術政策の未来はどのようなものか?』と題されたパネルで述べた。

また同大臣は、バビロン・ヘルス社との提携により、データと人工知能(AI)を利用して機械で健康相談を提供することで、そのコストを1ドルまで削減したことも発表した。

サウジのモハメッド・アルジャダーン財務大臣は投資家たちに対し、COVID-19パンデミックに起因する困難な時期でさえ民営化を通して豊富な投資機会を提供する、王国内の巨大産業への投資を検討するように勧めた。

法律や規制の改革が行われている王国は、パートナーとの透明性を保ちながら、投資を増加させ、さらなるビジネスチャンスを提供するために尽力してきたと、同大臣は付け加えた。

「それらすべてに加え、資本市場をエクイティ側とデット側の両方で改革してきた。後者の市場は2020年の間に最大200%成長した。さらに成長する可能性が高い」と、同大臣は結論づけた。

特に人気
オススメ

return to top