Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、今月から銀行間即時送金の高速化を導入へ

サウジアラビア、今月から銀行間即時送金の高速化を導入へ

調査によると、回答者の4割がオンラインでの商品購入を計画していることがわかった。(Shutterstock)
調査によると、回答者の4割がオンラインでの商品購入を計画していることがわかった。(Shutterstock)
Short Url:
09 Feb 2021 07:02:47 GMT9
09 Feb 2021 07:02:47 GMT9

ディーマ・アル=クダイア

  • 新システムにより、24時間365日、数秒以内に支払いを処理できるようになる

ジッダ:サウジアラビアは今月、新しい銀行間送金システムを導入し、地方銀行間での支払いをより迅速に処理できるようにし、王国の急速に発展する電子商取引産業の成長を促進する。

このシステムにより、地方銀行間で24時間、より有利なレートで送金できるようになる。

経済学者でサウジアラビア金融協会の理事でもあるタラット・ザキ・ハフィズ氏によると、即時電子決済とは、ユーロ・リテール・ペイメント・ボード(Euro Retail Payments Board)が定義する、年中無休で利用可能で、口座間の決済処理が数秒のうちに行われる電子小売決済ソリューションのことだという。

ハフィズ氏は、これまで現地での支払い処理は銀行の営業時間内に限られており、営業時間外や土日祝日は処理できなかったと指摘する。今月下旬に導入される新システムにより、これらの制限がなくなる。

サウジアラビアの消費者が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの間にオンラインショッピングを利用するようになり、王国の電子取引が2020年に75パーセントもの急上昇を見せたことが先月報告されたことを受けて、この新しいスキームは導入される。

ポイント・オブ・セール(PoS)とは、顧客が商品やサービスの支払いを実行できる場所を指す。これは、衣料品店でのクレジットカードや、食品宅配アプリを通じたデジタル決済などが考えられる。

2019年の同時期に比べて2020年のPoSの総件数は約28億件と75%増加し、取引額は約3490億リヤル(937億ドル)と24.1%近く増加している。

当然のことながら、サウジアラビアで稼働しているPoSデバイスの数は2020年末までに70万台以上に急増し、年初から約70%増加している。

ハフィズ氏は、今月に予定されている新しいスキームは、デジタル決済の成長と電子商取引の急増をサポートするのに役立つだろうとアラブニュースに語った。「このような決済ソリューションは、顧客の銀行口座間のお金の動きをスピードアップするだけでなく、商品やサービスのスピーディーな支払いを確実にするので、ショッピングはさらに簡単で楽しいものになり、Eコマースの成長にも役立つだろう」と、同氏は述べている。

Eコマース部門の成長の証は、昨年末のブラックフライデーセールで見られた。広告プラットフォームCriteoがサウジアラビアのオンライン消費者900人を対象に実施した調査によると、回答者の約40%がオンラインでより多くの商品を購入する予定があると答えており、家庭用品、食料品、美容・衛生用品が最も人気があることがわかっている。

Criteoの中東・アフリカ担当カントリーマネージャー、アリスター・バートン氏は次のように述べている。「2020年はEコマースにとって特別な年となった。当社の調査によると、今年の消費者は、実店舗で開催されるセールから、より早く開始し、より長く続くオンライン割引へと移行するだろう」

全体として、2020年には、サウジアラビア人の58%が店頭よりもオンラインでの買い物を好んでいたとの結果が出ている。

特に人気
オススメ

return to top