Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 紅海プロジェクトが新たな資金を調達、建設前の販売を開始:CEO

紅海プロジェクトが新たな資金を調達、建設前の販売を開始:CEO

Short Url:
12 Feb 2021 01:02:37 GMT9
12 Feb 2021 01:02:37 GMT9
  • 公共投資ファンド(PIF)が支援する観光メガプロジェクトは「巨額の投資の道を開く」

Rawan Radwan

ジッダ:水曜日に行われたイルカの形をした豪華な島、サンゴ礁の花(Coral Bloom)プロジェクトの立ち上げは、サウジアラビアの紅海沿岸で行われている急速な開発の一端に過ぎない。このプロジェクトの主要な開発業者は、地元の銀行から37億ドルの投資を受ける決定に近づいており、今年の第2四半期には建設前の販売が開始される見込みだ。

Red Sea Development社(TRSDC)のCEOであるJohn Pagano氏は、アラブニュースの独占インタビューの中で、建設前の不動産ユニットの販売を第2四半期に開始することを確認したが、300~400ユニット程度の限られた量になるだろうと語った。

第一段階で販売されたユニットの大部分は、ゲスト用のレンタルプールとなるだろう、とPagano氏は述べた。

TRSDCにはサウジアラビアの公共投資ファンド(PIF)が100%出資しており、同社は2017年7月にムハンマド・ビン・サルマン皇太子が発表した紅海プロジェクトに主眼を置いている。

プロジェクト現場での作業は順調に進んでおり、開発業者は昨年、2020年に約40億ドル相当の建設プロジェクトを受注したと発表していた。

Pagano氏は、最初の4つのホテルと国際空港が来年末までにオープンすることを確認した。

2023年までにさらに12のホテルがオープンする予定で、2030年の完成時には、22の島々と内陸部の6つの敷地に最大8,000室の客室を提供する50のホテルと1,300の住宅が建設される予定だ。

皇太子殿下は水曜日、紅海プロジェクトの一環として、サンゴ礁の花の開発を開始した。

サンゴ礁の花は、世界的に有名な英国の建築会社フォスター+パートナーズによって設計され、プロジェクトのメインの島に位置し、世界で4番目に大きなサンゴ礁地帯となる。

Pagano氏は、サンゴ礁の花と紅海プロジェクトの設計において、この島のユニークな環境を維持することを非常に重視したと述べている。

90以上の島々の中から22の島々が開発対象に選ばれたことで、CEOは手つかずの自然を維持することの重要性を強調し、建設作業員は「この地域にユニークな生物多様性を活かし、同地域を積極的に発展させていく」と述べた。

Pagano氏は1月、北の巨大なNEOM開発と南の港町ジッダのほぼ中間に位置する4,000平方キロメートルの豪華な観光プロジェクト、AmaalaのCEOにも任命された。

紅海プロジェクトとAmaalaはいずれもPIFの支援を受けており、Pagano氏によると、両プロジェクトの開発のために政府系ファンドから提供された39億ドルの資本金のうち、これまでに10億ドルが使われているという。

同氏は、さらに37億ドルがサウジアラビアの地元銀行から提供され、近日中に契約が締結される予定で、両プロジェクトの資本総額は78億ドルとなることを確認した。

これらのプロジェクトは地元の開発業者や金融機関からの支援を受けているもが、Pagano氏は、国際的な投資市場に参入していきたいと考えている一方で、多くの投資家は契約前にまずはコンセプトの実証が必要であると認識していると述べている。

「ご承知のように、投資家には選択の余地があり、リスクに対する認識に応じて異なるリスクプレミアムを適用するでしょう」とPagano氏は述べ、現在は「未開拓で実証されていない市場」であるとしながらも、国際的な投資家が紅海プロジェクトとこの地域に対する政府の計画を目の当たりにすれば、投資家らは参入してくるであろうと楽観視している。

「私たちは、人々が私たちと一緒に投資してくれるような環境を作っているのです」とPagano氏は言う。「私の鋭い焦点は、紅海プロジェクトの第一段階、Amaalaの第一段階を実現し、サウジアラビアが提供するものを世界に証明することにあります」と付け加えた。

「その段階に到達し、彼らが成功を目にするようになれば、巨額の投資の道が開けると思います」

第2四半期には建設前の販売が開始される予定で、Pagano氏は先駆者となる投資家には大きなチャンスがあると強調し、「早い段階の投資家は、長期的により多くの利益を得ることができるはずです」と述べている。

2つのプロジェクトでは、紅海プロジェクトで8,000、アマアラで3,000、合計11,000の客室を計画する中、Pagano氏は年間100万人に満たない訪問者数を目標にしている。

「大量の観光客を求めているわけではありません。来場者数を制限しようとしています。それはなぜか?我々はこの環境を守りたいからです」と彼は言い、この場所が当社の最大の資産である、と付け加えた。「これは資本金がそうであるのと同様に、貸借対照表に載っているのです」。

可能な限り最高の環境認証を採用しようとするTRSDCの努力の例としては、エネルギーと環境デザインにおけるリーダーシップ(LEED for Cities)の業界賞認定の一環として、プラチナ認証の第一段階をすでに完了していることが挙げられる。

また、同社は米国グリーンビルディング協会と協力して、建設期間中およびその後も、自然環境が保護されながら発展していることを確認していく構えだ。

「私たちは言葉だけではなく、手本を示して世界をリードしていきたいと考えています。開発には別のやり方があります。天然の資本を当然のことと思ってはいけないのです」とPagano氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top