Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「さらに多くの航空会社が破綻する」とカタール航空のCEOがCNNに語る

「さらに多くの航空会社が破綻する」とカタール航空のCEOがCNNに語る

歯に衣を着せない航空会社のトップは、自らの航空会社とそのハブであるドーハのハマド国際空港で採用されている安全対策のいくつかを強調した。 (File/AFP)
歯に衣を着せない航空会社のトップは、自らの航空会社とそのハブであるドーハのハマド国際空港で採用されている安全対策のいくつかを強調した。 (File/AFP)
Short Url:
21 Apr 2021 03:04:45 GMT9
21 Apr 2021 03:04:45 GMT9
  • カタール航空のCEO、アクバ・アル・バクル氏は、世界的な空の旅の崩壊からの復活に苦労する中、航空業界が直面している課題について厳しい評価を下した

アラブニュース

ドバイ:カタール航空のCEO、アクバ・アル・バクル氏は、パンデミックによりさらに多くの航空会社が廃業に追い込まれるだろうと警告している。

CNNの「クエスト・ミーンズ・ビジネス」の独占インタビューで、カタール航空のCEO、アクバ・アル・バクル氏は、世界的な空の旅の崩壊からの復活に苦労する中、航空業界が直面している課題について厳しい評価を下した。

「このパンデミックが終わる頃には、体力があって運営を継続できる航空会社はほとんどないでしょう」と同氏は言う。「他の多くの航空会社は破綻するでしょう。そして、このような事態は今後も続くでしょう。なぜなら、まだ最悪の事態は終わっていないからです。」

同氏は、世界経済の見通しを引き上げるためには、航空業界を完全に回復させることが重要な優先事項であると語った。

「このパンデミックが長引けば、ビジネスの遂行、貨物の輸送、そして最も重要な雇用の創出を航空会社に依存している世界経済は完全に破壊されることになるでしょう」と同氏は語った。

歯に衣を着せない航空会社のトップは、自らの航空会社とそのハブであるドーハのハマド国際空港で採用されている安全対策のいくつかを強調した。

これは、ハイテクの温度センサー、紫外線による殺菌処理、機内でのマスク着用などである。

また、パンデミックの際に同社の株主であるカタール政府に資金援助を要請した経緯について、次のように話した。「私は、単に列を飛び超えて自分の国の支配者である上司に、今の状況は非常に悲惨であり、これが必要ですと伝えることはできませんでした。なぜなら、私の前にも同じことを言う人がたくさん列をなしていたに違いないからです。」

CEOはまた、一部の国でワクチンの展開が遅れている中、ワクチン接種へのアクセスとリスクの軽減についても話した。

同氏は「クエスト」に対し、「それは航空業界にとって問題となるでしょう。しかし、私たちはある程度のリスクを覚悟しながらも、道を探していかなければなりません。私たちは物事を行う必要があり、プロセスを導入する必要があり、そのリスクを軽減するためのシステムを導入する必要があるのです」と語った。

ここ数週間、多くの国でコロナウイルスが再び流行していることにより、この分野で徐々に現れていた明るい兆しが打ち消される恐れが出ている。

同時に、多くの乗客が、許可されている場合でも飛行機の利用を躊躇しているが、これは安全性への懸念や、国によって異なるワクチン接種、検査、検疫要件への混乱が理由となっている。

業界団体であるIATA(国際航空運送協会)は、目的地で必要な検査、ワクチン、その他の措置について乗客に情報提供することを目的とした「トラベルパス」計画を試行し、この課題に対処しようとしている。

特に人気
オススメ

return to top