Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アラムコIPOは外国投資家に「開放」 – NCBキャピタル

アラムコIPOは外国投資家に「開放」 – NCBキャピタル

25 Nov 2019
サウジアラビアは、巨大エネルギー企業アラムコに、最大1.71兆ドルの価値を見い出している。(File/AFP)
サウジアラビアは、巨大エネルギー企業アラムコに、最大1.71兆ドルの価値を見い出している。(File/AFP)
Updated 26 Nov 2019
25 Nov 2019
  • サウジ証券取引所が公表する数字では、サウジアラビア株式の外国人持株比率が、10月末までのこの1年でほぼ2倍となったことが示されている
  • サンバ・フィナンシャル・グループは最近、このIPOへの需要は「前代未聞」であると述べた

フランク・ケイン

ドバイ: サウジアラムコの新規株式公開に携わる最上級幹部銀行員の1人は、国際的な売り出しをせずに先へ進むという決定は、本株式売却に対する異常に強い地域需要を考慮すれば合理的なものであるとアラブニュースに語った。

NCBキャピタルの投資担当副社長サルタン・ムーサ氏は次のように述べている。「不合理な決定ではありませんでした。彼らが決定を下す前には、良い感情と推論が生まれていました。この決定に達する前に、準備を非常にしっかりと行っていたんです。発表した株価評価レンジや予想される需要を考えれば、国際的な売り出しなしに先に進むことで十分でした」

ムーサ氏は、一部の欧米銀行家からの批判を踏まえながら、ニューヨークやロンドンなど海外の金融センターへの「ロードショー」を中止し、記録的なアラムコIPOに対する国内・地域の需要に集中するという決定について語っていた。

「顧問と銀行は通常、株式発行の決定と目論見書の後、ブックビルディングが始まる前に、事前マーケティングを行います。そのため世界の投資家は、すでに国内需要のレベルを明確に見通しています。その情報を手に入れたときには、彼らが国際的売り出しを停止するという不合理な決定をするとは想像できません」と同氏は付け加えた。

NCBキャピタルの幹部は、外国人投資家が、本IPOのために緩和されたサウジ証券取引所の非サウジ機関向けの既存ルールを介して、本IPOにまだ参加できる可能性があると主張した。「本IPOに投資しようとする人には、誰にでも機会が与えられています」とムーサ氏は述べた。

「国際投資家はまだ、認可された金融機関を経由しての参加が許可されており、招待されています。実際、本IPOへの参加は歓迎されているのです。国際投資家が財務とファンダメンタルズを信じている場合、さらに市場に売り出す必要はないのです」と同氏は付け加えた。

サウジ証券取引所が公表する数字では、サウジアラビア株式の外国人持株比率が、10月末までのこの1年でほぼ2倍となり、現在は全体の9.04%を占めていることが示されている。

本IPOに携わるもう一つのサウジアラビア国内銀行のサンバ・フィナンシャル・グループは最近、本IPOに対する需要は「前代未聞」のものであり、注文額が、売り出し締め切りまであと10日を残す中で、最高目標額256億ドルに対して200億ドルに到達しそうであると述べた。

ムーサ氏は、受取率についてはコメントを拒否した。「地元の銀行は帳簿について個別に責任を負っており、現時点では全体でどれくらいになっているかを述べることはできません」と彼は述べた。

アラムコは本IPOで30億株を1株あたり約8.74ドルで売却し、史上最大の株式公開となる見込みだ。

topics
Most Popular
Recommended

return to top