Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 政府が200のスマートシティを目指す中、サウジアラビアのAI当局が「SMARTATHON」を開始

政府が200のスマートシティを目指す中、サウジアラビアのAI当局が「SMARTATHON」を開始

SDAIAは、人工知能活用の拡大を目指す新しい挑戦 「SMARTATHON」 を開始した。(提供)
SDAIAは、人工知能活用の拡大を目指す新しい挑戦 「SMARTATHON」 を開始した。(提供)
Short Url:
15 Sep 2022 12:09:05 GMT9
15 Sep 2022 12:09:05 GMT9

ワッファ・ワエル、サルマ・ワエル

リヤド:サウジアラビアは200のスマートシティの構築を計画する中、よりスマートで安全かつ健康的な都市を作るために人工知能の活用を拡大する目的で「SMARTATHON」と呼ばれる新しい挑戦を開始した。

9月14日にリヤドで開催されたグローバルAIサミットで、サウジ・データAI庁(SDAIA)の責任者であるアブドゥラー・アルガムディ氏は、「私たちは本日、スマートシティへの挑戦であるSMARTATHONの開始を発表する」と述べた。

これは、マジッド・アル・ホガイル都市村落・住宅相が、SDAIAとリヤド市王立委員会との提携により、同国に多数のスマートシティを作る計画を明らかにしたことを受けたものだ。

「私たちの夢は、駐車場や特別な計画などの分野でAIを活用してサウジアラビアに200を超えるスマートシティを作ることだ。最も重要なことは、市民の関与であり、それによって我が国のサービスの質がどのように向上するかだ」 とアル・ホガイル氏は語る。

9月13日から15日まで開催されるグローバルAIサミットでは、経済的流動性、ヘルスケア、人間の能力開発、スマートシティといった重要なテーマに対するAIの影響について話し合われている。

 

特に人気
オススメ

return to top