Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アメリカ大統領選結果に向け緩やかに進み、危機に瀕する民主主義

アメリカ大統領選結果に向け緩やかに進み、危機に瀕する民主主義

 グイネット郡(Gwinnett County)投票者登録選挙事務所で不在者投票と暫定票を調べるグイネット郡選挙作業者。2020年11月6日、ジョージア州ローレンスビルにて。(Jessica McGowan/Getty Images/AFP)
グイネット郡(Gwinnett County)投票者登録選挙事務所で不在者投票と暫定票を調べるグイネット郡選挙作業者。2020年11月6日、ジョージア州ローレンスビルにて。(Jessica McGowan/Getty Images/AFP)
民主党ジョー・バイデン候補の大統領選決着を希望し、ワシントン・スクエア公園(Washington Square Park)に集まり祝う人々。2020年11月6日、ニューヨーク州にて。(写真AP/Seth Wenig)
民主党ジョー・バイデン候補の大統領選決着を希望し、ワシントン・スクエア公園(Washington Square Park)に集まり祝う人々。2020年11月6日、ニューヨーク州にて。(写真AP/Seth Wenig)
ジョー・バイデン大統領候補者の支持者たちは同氏の全国向け演説が予定されている チェイス・センター(Chase Center)近くに集まっている。2020年11月6日、デラウェア州・ウィルミントンにて。(Joe Raedle/Getty Images/AFP)
ジョー・バイデン大統領候補者の支持者たちは同氏の全国向け演説が予定されている チェイス・センター(Chase Center)近くに集まっている。2020年11月6日、デラウェア州・ウィルミントンにて。(Joe Raedle/Getty Images/AFP)
Short Url:
07 Nov 2020 12:11:09 GMT9
07 Nov 2020 12:11:09 GMT9
  • バイデン候補は静かかつ自信たっぷりに忍耐を呼びかけた。トランプ大統領は証拠を示さずに不正投票という偽りの主張を強めている。

エフレム・コサイフィ

ニューヨーク:アメリカ大統領選挙結果の確定を待つ中、闘いの真実とその結果は、遅れ、混乱、そして誤情報を超越し、数日前に正確に決定されており、集計される票の中に安全に閉じ込められていることを簡単に忘れてしまう。

重要なペンシルバニア州にはこんな票が約130,000票ある。同州では、投票日にトランプ大統領の初期の大幅なリードを地道に消し、金曜にはジョー・バイデン候補がリードした。

従って、民主党員は金曜早朝には明るいムードだった。このような最終票の開票が漏れはじめ、ピッツバーグ・アレゲニー郡(Allegheny County)では37,000票、フィラデルフィアからは20,000票など、その多くが民主党地盤からであった。

バイデン候補支持は、これらの郡で勝利するための残りの票で必要なパーセンテージポイントリードよりはるかに高く動いていた。これは主に郊外の女性や母親たちによる投票率が高いせいで、コロナウイルス危機により最も影響を受けた層にほぼ間違いないだろう。女性たちは全国的にパンデミックの矢面に立たされた。9月だけでも100万人近くの女性が職を失ない、その多くはロックダウンされたり隔離されたこどもたちの世話のためにキャリアを犠牲にした。

しかしながら、伝統的に共和党のペンシルバニア州の郡からの残りの郵便投票集計さえバイデン候補票が多くを占めた。同候補は昨夜マーサー郡(Mercer County)だけで2,500票を獲得した。

トランプ支持者たちは「不正を辞めろ(Stop the Steal)」というスローガンの下、集計センターの外に集結し、郵便投票を投票日後に受け取った「記入投票用紙」と描写した。選挙管理人は後日裁判所で異議申し立ての可能性がある票を分離した。

バイデン候補がペンシルバニア州でトランプ大統領に僅差で勝つと、TVのニュースネットワーク各局は政治的に緊迫した問題に直面した:選挙レースをいつ決着するのか。ネットワーク各局は決着すべきで、しかも早くと、著名な統計学者ネイト・シルバー(Nate Silver)氏は勧めた。

「どのネットワークが最初に決着しても後から振り返れば良く思えるだろう」と同氏はツイートした。これが極めて異常な選挙であることを考えると、ネットワーク各局にとって仕事は簡単ではない。例えば、Foxニュース(Fox News)は、非常に接戦のレースの早くからアリゾナ州のバイデン勝利を報じ、トランプ選挙陣営からは既にひんしゅくを買っていた。

一方、バイデン候補は既に大統領の任を引き受けた者のようだ。

「民主主義とは面倒なことになりえる」と同氏は金曜日の記者会見で語った。同氏は忍耐を再度求め、票は全て集計されると繰り返した。その後、受け取ったばかりのCOVID-19の状況を説明した。同候補は選挙運動でパンデミックを主な焦点とした。今日、アメリカの新規症例数は116,000件の新記録を更新した。

一方、評論家たちはトランプ大統領の所在を怪しんでいる。もっぱら公衆の目に触れないところに留まっていたが、木曜晩に姿を見せ、ホワイトハウスで声明を行った。同氏のスタンスはバイデン候補のそれとは全く違っていた。再度、選挙の完全性に疑問を投げ掛け、まん延した不正投票を主張し、「我が国の最高裁まで」闘いを持っていくと脅した。同大統領はマスコミ世論調査を「バイデン候補への勢いの幻想を生み出す」ことを狙った「選挙干渉」と説明した。話の最中に、TV画面のキャプションが更新され、最新の全国得票率が「バイデン50パーセント、トランプ48パーセント」となった。

異例の行動ではあるが、会見を中断したネットワークが何局かあった。視聴者には大統領の与える情報が誤解を招くために中断したと告げた。

トランプ陣営では、しばらくの間潔く敗北を認めると期待してはいけないとほのめかした。「この選挙は終わっていない」と、同陣営のある弁護士は語った。

大統領長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏は、選挙を信用しない大統領の取り組みを支持しない共和党員を非難し、2024年の共和党大統領予備選挙の時に本件は思い出されるべきだとまで示唆した。

「誰が実際にこの言語道断で無意味なことと闘い、誰が第三者の立場でいるか、全員が見ておこう」とツイッターに投稿されたメッセージで語った。「2024年共和党の有力候補者全員から実質上行動が全くないことに非常に驚かされる。」

少数の支持者の生ぬるい声明(例えば、サウスキャロライナ州リンゼー・グラム上院議員やマイク・ペンス副大統領など)は別にして、共和党員の多くは結果にまつわる騒動には沈黙を保っている。自らの党の候補支援と民主主義プロセスの尊重の間に直面するジレンマを説明していると観察者の多くは信じている。

またトランプ選挙運動は選挙管理人への圧力を徐々に上げ、まだ決着がつかない州を民主党政権だと非難した(アリゾナ州とジョージア州の知事は共和党なのだが)。ジョージア州では2005年以来、共和党は上下院の同州議員選出を支配している。

外部の抗議者たちからの騒音にもかかわらず、選挙管理人と投票作業者は、外部の現実から予防接種をしたかのように票の集計という報われない作業を続けている。選挙委員会は、不正投票の証拠がないことをアメリカ国民に安心させ続けており、自分たちが発するあらゆることがニュース速報になると突然気づいた。

通常は匿名の州務長官は、誤情報と闘うときにスポットライトを浴びていることに気づいた。最新の例ではペンの特定ブランドであるシャーピー(Sharpie)を使って記入された投票用紙が無効であると主張してネットで広まった謀略論である「シャーピーゲート(Sharpiegate)」だ。ニューメキシコ州のマギー・ツールーズ・オリバ(Maggie Toulouse Oliver)州務長官は、集計システムがさまざまな条件下で票を正しくスキャンするよう設計されているかを詳しく説明した。

民主党はこの全てをバイデン候補が勝利に向かってじりじり進んでいる事実から目を背けさせるものとして退けている。

それでは候補者にとって残っているホワイトハウスへの道は何であろうか?バイデン候補には数多くの道がある。選挙人団253票を既に手に入れ、ペンシルバニア州だけで20票を獲得すれば、選挙を確定するだろう。アリゾナ州とネバダ州の勝利で同候補は大統領の椅子を確保するために必要な魔法の選挙人団270票に届く別の方法がある。実際には、ノースキャロライナ州、アリゾナ州、ネバダ州、ジョージア州のうち2州で充分だ。トランプ大統領の現在のリードはノースキャロライナ州だけである。

これら各州に注意しよう。ペンシルバニア州はいつでも勝者を決着するのに十分な票を集計する見込みだ。アリゾナ州は集計は週末までには終わらないだろうと語った。

しかしながら、アメリカには票全てが集計されたとしても選挙が1日や2日で終わるという幻想を抱くものはいない。全ての関心は州であるが、大統領執務室を求める長引いた法廷闘争になりえるものへの準備を進めるライバル陣営にもある。

特に人気
オススメ

return to top