Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 日本の猛暑対策、暑がるペットたちのためにウェアラブルファンが登場

日本の猛暑対策、暑がるペットたちのためにウェアラブルファンが登場

2022年7月28日、日本の東京で、日本のマタニティウェアメーカー「スウィートマミー」が開発したペット用のバッテリー式ファン付きウェアを着用する、メスのポメラニアンとプードルのミックス犬、モコ(9歳)と、メスのプードル、プリン(8歳)。(ロイター)
2022年7月28日、日本の東京で、日本のマタニティウェアメーカー「スウィートマミー」が開発したペット用のバッテリー式ファン付きウェアを着用する、メスのポメラニアンとプードルのミックス犬、モコ(9歳)と、メスのプードル、プリン(8歳)。(ロイター)
2022年7月28日、日本の東京で開催された、日本のマタニティウェアメーカー「スウィートマミー」のプロモーションイベントで、同社が開発したペット用のバッテリー式ファン付きウェアを着用する、スコティッシュフォールドのサン(5歳)。(ロイター)
2022年7月28日、日本の東京で開催された、日本のマタニティウェアメーカー「スウィートマミー」のプロモーションイベントで、同社が開発したペット用のバッテリー式ファン付きウェアを着用する、スコティッシュフォールドのサン(5歳)。(ロイター)
Short Url:
06 Aug 2022 11:08:02 GMT9
06 Aug 2022 11:08:02 GMT9

東京:東京のアパレルメーカーは、日本の夏のうだるような暑さの中でも毛皮を脱げない犬や猫を心配する飼い主たちにアプローチするため、獣医と協力してペットのためのウェアラブルファンを製作した。

このデバイスは、バッテリー式で80グラム(3オンス)の扇風機がメッシュのウェアに取り付けられており、ペットの体の周りに送風する。

マタニティウェアメーカー「スウィートマミー」の社長を務める鵜澤璃さんは、夏の猛暑の中、ペットのチワワが散歩に連れ出されるたびに疲れ果てているのを見て、この製品を作る気になったと語る。

「今年は梅雨がほとんどなかったため、早くから暑くなり、そういう意味では、市場に合った製品を開発したと思います」と鵜澤さんは述べた。

日本の首都東京では6月下旬に梅雨が明けた後、9日連続で気温が摂氏35度(華氏95度)に到達し、最長記録を更新する熱波に見舞われた。

「普段は(犬を涼しくさせるために)ドライアイスパックを使っています。でも、このファンがあれば犬を散歩させやすくなると思います」と、ミニチュアプードルのプリンと、テリアのマコを飼っているクマモト・マミさん(48)は語った。

このデバイスは7月初旬に公開され、スウィートマミーは約100件の注文を受けた、と鵜澤社長は述べた。サイズは5種類あり、9,900円(74ドル)で発売されている。

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top