Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • コロナ克服「あらゆる手段」=収束見据え、財務相・日銀総裁が共同談話

コロナ克服「あらゆる手段」=収束見据え、財務相・日銀総裁が共同談話

23 May 2020
両者の共同談話は英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり市場が混乱した2016年6月以来約4年ぶり。(AFP)
両者の共同談話は英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり市場が混乱した2016年6月以来約4年ぶり。(AFP)
Short Url:
Updated 24 May 2020
23 May 2020

麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁は22日、新型コロナウイルス流行に伴う急速な景気悪化を受け、「事態を収束させるためにあらゆる手段を講じ、経済を成長軌道に回復させる」とする共同談話を発表した。談話では、感染収束を見据え、政府・日銀が緊密に連携して企業の資金繰りや金融市場の安定に取り組む姿勢を示した。

両者の共同談話は英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり市場が混乱した2016年6月以来約4年ぶり。 

麻生氏と黒田氏は談話発表に先立ち、東京都内で会談。終了後の共同記者会見で麻生氏は、事業規模が117兆円に上る緊急経済対策の策定などコロナ禍での財政・金融政策について「マーケットの安定のために成果を挙げてきたとの認識で一致した」と強調。日本経済の苦境について「一刻も早く脱却することを考えなければいけない」と述べた。

黒田氏も現状について「財政政策と金融政策の相乗効果が働いている」と説明。その上で、「必要に応じてちゅうちょなく追加的な金融緩和を講じる」と話した。

日銀は22日午前の臨時の金融政策決定会合で、中小企業などの資金繰りを支援する新たな資金供給策の導入を決めている。

JIJI Press

Most Popular
Recommended

return to top