Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本のテルモが、ファイザー社製ワクチンバイアルから7回採取可能な注射器の生産を発表

日本のテルモが、ファイザー社製ワクチンバイアルから7回採取可能な注射器の生産を発表

ファイザー社とドイツ提携会社バイオンテック社の開発によるワクチンは、当初5投与分とされたバイアルに入れて出荷されている。(AFP)
ファイザー社とドイツ提携会社バイオンテック社の開発によるワクチンは、当初5投与分とされたバイアルに入れて出荷されている。(AFP)
Short Url:
09 Mar 2021 03:03:23 GMT9
09 Mar 2021 03:03:23 GMT9

東京:日本のテルモ株式会社は火曜日、ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンのバイアル1本から7投与分の採取が可能な、新たな注射器を開発したことを発表した。既存注射器よりも少なくとも1投与分多くの採取が可能になる。

この設計は金曜日に厚生労働省の承認を受け、テルモは3月末に生産を開始すると、テルモ広報担当がロイターに語った。開発について最初に報道した共同通信によれば、テルモは今年2000万本の生産を目指しているという。

ファイザー社とドイツの提携会社バイオンテック社の開発によるこのワクチンは、当初5投与分とされたバイラルに入れて出荷されている。デッドスペースが小さい特殊な注射器を使うと、使用後の注射器のワクチン残余量が最小となり、6回分の摂取が可能となる。

日本では先月、ファイザー社製のワクチンによる接種活動が開始された。この件を担当する河野太郎大臣は金曜日、特殊な注射器が不足しているため、残余分はいくらか捨てることになると述べた。

ロイター

東京:日本のテルモ株式会社は火曜日、ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンのバイアル1本から7投与分の採取が可能な、新たな注射器を開発したことを発表した。既存注射器よりも少なくとも1投与分多くの採取が可能になる。

この設計は金曜日に厚生労働省の承認を受け、テルモは3月末に生産を開始すると、テルモ広報担当がロイターに語った。開発について最初に報道した共同通信によれば、テルモは今年2000万本の生産を目指しているという。

ファイザー社とドイツの提携会社バイオンテック社の開発によるこのワクチンは、当初5投与分とされたバイラルに入れて出荷されている。デッドスペースが小さい特殊な注射器を使うと、使用後の注射器のワクチン残余量が最小となり、6回分の摂取が可能となる。

日本では先月、ファイザー社製のワクチンによる接種活動が開始された。この件を担当する河野太郎大臣は金曜日、特殊な注射器が不足しているため、残余分はいくらか捨てることになると述べた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top