Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 東京に一時大雪警報=都心10センチ積雪、羽田欠航相次ぐ

東京に一時大雪警報=都心10センチ積雪、羽田欠航相次ぐ

2022年1月6日(木)に東京で雪が降る中、人々は有名な渋谷のスクランブル交差点を歩いて渡ります。(AP)
2022年1月6日(木)に東京で雪が降る中、人々は有名な渋谷のスクランブル交差点を歩いて渡ります。(AP)
Short Url:
06 Jan 2022 10:01:36 GMT9
06 Jan 2022 10:01:36 GMT9

関東では6日午後、南方沖を東へ進む低気圧などの影響で南部を中心に大雪になった。気象庁によると、午後7時には積雪がほぼピークとなり、東京都心(千代田区北の丸公園)で10センチ、横浜市中区で8センチ、千葉市中央区と水戸市で7センチを観測した。同庁は東京23区と千葉県全域、茨城県南部に大雪警報を発表し、夜に解除した。

東京23区の大雪警報は約4年ぶり。東京都の多摩地方や神奈川県には午後から夜まで大雪注意報が出された。

冷え込みも厳しく、都心の気温は午後9時ごろに氷点下0.8度となった。7日朝は路面の凍結や交通の乱れに注意が必要。

大雪の影響で、羽田空港などの発着便に欠航が相次いだ。日本航空は68便、全日空は40便が欠航し、それぞれ6230人、3520人に影響が出た。JRは東海道新幹線に一時遅れが生じ、東海道線や総武線、横須賀線などにも遅れが生じた。

時事通信

topics
特に人気
オススメ

return to top