Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • コロナ感染者が急増する中、日本は厳格な水際対策を延長

コロナ感染者が急増する中、日本は厳格な水際対策を延長

オミクロン株は国内で広がりを見せており、日本ではウイルス感染者が急増している。(ロイター通信)
オミクロン株は国内で広がりを見せており、日本ではウイルス感染者が急増している。(ロイター通信)
Short Url:
11 Jan 2022 04:01:08 GMT9
11 Jan 2022 04:01:08 GMT9
  • 日本は海外から入国する人たちに対し、隔離や頻繁に検査を行うなどの厳しい水際対策を課している

東京:日本は、オミクロン株の影響によるコロナ感染の急増と闘う中、ほぼ全ての新規外国人の入国を禁止する措置を2月末まで延長し、大規模ワクチン接種センターを再開すると、政府が11日に発表した。

「我々は人道的観点から必要な措置を講じ、国益を考慮しながら、2月末まで現行の国境管理政策を維持する」と、日本の岸田文雄総理が記者団に語った。

地元メディアは、日本人の家族や日本で学んでいる留学生に対する新たな免除措置が設けられると報じたが、当局者からは今のところ詳細は発表されていない。

政府はまた、自衛隊が運営する大規模ワクチン接種センターも再開し、ブースター接種を加速させるために、自治体に対して独自の集団接種会場を再開するよう要請すると、岸田総理は述べた。

日本は海外から入国する人たちに対し、隔離や頻繁に検査を行うなどの厳しい水際対策を課している

しかし、そのような努力にもかかわらず、オミクロン株は国内で広がりを見せており、日本ではウイルス感染者が急増している。

「オミクロン株は重症化する割合が低いと言われているが、感染者数が急増すれば、重症者数が増え、医療体制に負担をかけることになる」と、岸田総理は述べ、国民に警戒を呼びかけている。

政府は既に3つの県に対する新たなウイルス規制策を承認しており、在日米軍は軍やその周辺地域でクラスターが発生したことを受け、2週間にわたり、部隊の不要不急の基地からの外出を禁止した。

全体的に、日本の感染率は比較的低い状態を維持しており、9日には全国で8249人の感染が報告された。

しかし、その数は増加しており、9日の数字は9月以降で最高水準だった。
同国は、パンデミックで1万8400人を超える死者を記録している。

AFP

特に人気
オススメ

return to top