Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ロシアは残虐行為の責任を負うべきと日本-日本政府関係者が外務大臣の発言を引用

ロシアは残虐行為の責任を負うべきと日本-日本政府関係者が外務大臣の発言を引用

林外務大臣は、ドイツでのG7外相会合に合わせて、ウクライナのドミトロ・クレバ外相と会談した。(AFP通信)
林外務大臣は、ドイツでのG7外相会合に合わせて、ウクライナのドミトロ・クレバ外相と会談した。(AFP通信)
Short Url:
13 May 2022 09:05:34 GMT9
13 May 2022 09:05:34 GMT9

東京:日本の林芳正外務大臣は13日、ウクライナの外相に対し、ウクライナでのロシアの残虐行為は全く容認できず、ロシア政府はその行動の責任を負うべきだと語ったと、ある日本政府関係者がメディアへの説明の中で語った。

林外務大臣は、ドイツでのG7外相会合に合わせて、ウクライナのドミトロ・クレバ外相と会談した。

ロシアは、「特別軍事作戦」と同国が称するウクライナでの作戦の中で虐待を行ったことを否定している。

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top