Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 北朝鮮 新たな核実験の準備を終える 韓国政府が発表

北朝鮮 新たな核実験の準備を終える 韓国政府が発表

韓国軍によれば、北朝鮮は日曜日に、海に向かって砲弾とみられるものを試験発射した。(AFP)
韓国軍によれば、北朝鮮は日曜日に、海に向かって砲弾とみられるものを試験発射した。(AFP)
Short Url:
14 Jun 2022 03:06:15 GMT9
14 Jun 2022 03:06:15 GMT9

ワシントン:朴振・韓国外交部長官は月曜日、北朝鮮が新たな核実験の準備を完了し、同国の最高指導者による政治的決断の他に実験の進行を阻止する術はないと述べた。

韓国の朴振外相は、ワシントンでアントニー・ブリンケン米国務長官との会談後に、北朝鮮が今後数日間に実施が懸念される7回目の核実験を行えば、代償を払うことになると述べた。

「北朝鮮は再び核実験を行うための準備を終えており、残されるは政治的な決断のみと見ている」と朴外相は述べた。月曜日までは、アメリカと韓国の当局者は、北朝鮮が実験の準備を終えつつあると述べるにとどめていた。

「もし北朝鮮が再び核実験に踏み切れば、我々の抑止政策と国際的な制裁が強化されるだけだと認識している」と朴外相は話した。「北朝鮮は考えを改め、正しい決断をするべきだ」

制裁とは別に、朴外相は、北朝鮮が具体的にどのような代償を払うのか、抑止政策がどう変わるのかについては言及しなかったものの、ブリンケン長官は、米国とその条約上の同盟国である韓国と日本は、これらに対応して軍事態勢を調整することが可能だと述べた。

「我々はあらゆる事態に備え、同盟国と緊密に連携し、軍事態勢を短期的・長期的に調整する用意がある」とブリンケン長官は述べた。さらに、「圧力は維持・継続され、適切であれば強化されるだろう」と付け加えた。

両氏は、北朝鮮には前提条件なしの交渉の扉が開かれていると強調した。しかし、ブリンケン長官は、ここ数日に発せられた米政府高官らによるコメントを繰り返し、北朝鮮が対話のための申し出を無視し続けていることを嘆いた。

韓国軍によれば、北朝鮮は日曜日に砲弾とみられるものを海に向けて発射している。北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党総書記が外部の脅威に対処するために国防力強化を呼びかけた数日後のことである。

北朝鮮の砲撃実験は、今年で過去最多となっているミサイル発射に比べれば外国からの注目度は低い。しかし、前方に配備された長距離砲は、北朝鮮との国境からわずか40〜50キロ(25〜30マイル)に位置する韓国の人口の多い首都圏にとって、安全保障上の重大な脅威となっている。

北朝鮮は今年、砲撃実験を相次いで行っており、敵対国の米韓に、自国に対する国際制裁の緩和やその他の譲歩を迫ることが狙いだと外国の専門家らはみている。

3月に北朝鮮は、2018年に宣言した大型ミサイル実験のモラトリアム(一時停止)に違反して、米国本土に到達可能な大陸間弾道ミサイルを試験発射した。

北朝鮮の核実験は、新たに行われた場合、7回目となる。一部の専門家は、この実験が、韓国を標的とした戦術核兵器に搭載する弾頭の開発に利用される可能性が高いと述べている。

AP

topics
特に人気
オススメ

return to top