Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 群馬・伊勢崎で40.2度=6月で全国史上初―東京都心は猛暑日、熱中症警戒

群馬・伊勢崎で40.2度=6月で全国史上初―東京都心は猛暑日、熱中症警戒

群馬・伊勢崎で40.2度=6月で全国史上初―東京都心は猛暑日、熱中症警戒 (Shutterstock)
群馬・伊勢崎で40.2度=6月で全国史上初―東京都心は猛暑日、熱中症警戒 (Shutterstock)
Short Url:
25 Jun 2022 09:06:31 GMT9
25 Jun 2022 09:06:31 GMT9

関東甲信は25日、晴れて気温が大幅に上がり、35以上の猛暑日になる所が相次いだ。気象庁によると、群馬県伊勢崎市で40.2を観測し、6月の全国観測史上初めて40台を記録した。東京都心(千代田区)は正午前に35.4を観測し、今年初めて猛暑日になった。

日差しが強かったほか、太平洋高気圧の暖かい空気に覆われ、茨城、埼玉両県には熱中症警戒アラートが発表された。26日も猛暑日になる所が多い見込み。同庁は水分を小まめに取り、冷房を使うなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。

6月のこれまでの全国史上最高は埼玉県熊谷市で2011年に観測した39.8。通年の史上最高は熊谷市で18年7月、浜松市で20年8月にそれぞれ観測した41.1

25日に39台になった所は、群馬県桐生市39.8、栃木県佐野市39.7、前橋市39.5、埼玉県鳩山町39.2など。茨城県古河市は38.7、東京都青梅市は38.3、山梨県甲州市は38.1を観測した。

時事通信

topics
特に人気
オススメ

return to top