Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「愛の障壁」:パレスチナの民間人、新型コロナの検問所を設置

「愛の障壁」:パレスチナの民間人、新型コロナの検問所を設置

08 Apr 2020
占領されているヨルダン川西岸地区のパレスチナの村は、新型コロナウイルスの感染拡大と闘うため、人々の移動を制限する検問所を設置した。(AFP)
占領されているヨルダン川西岸地区のパレスチナの村は、新型コロナウイルスの感染拡大と闘うため、人々の移動を制限する検問所を設置した。(AFP)
Short Url:
Updated 08 Apr 2020
08 Apr 2020

アイン・ヤブロード、パレスチナ:マスクとオレンジ色のベストを着用し、体温計を振りかざしているパレスチナ人のMoayad Samhaさんは、世界中に無数にある新型コロナウイルスの検問所で任務に就く他の人たちと同じに見える。

だが、Samhaさんはパレスチナ自治政府の職員ではない。彼は弁護士で、新型コロナウイルスの制御を実施するために、占領されているヨルダン川西岸地区の地方道路沿いに配置された多くの民間人の一人だ。

民間人による検問所がパレスチナ人の怒りを呼び起こすことを恐れる人もいる。新型コロナウイルス感染者のいない村が、感染が確認された場所から来た住民を受け入れないからだ。

しかし、SamhaさんはAFP通信に対し、自分たちは道路脇で監視し、本格的なパンデミックから地域全体を守るために奮闘していると語った。

「私たちは、限られた手段で、可能な限りウイルスを検出しようとしています」とSamhaさんは自身の出身地であるアイン・ヤブロードの検問所で語った。

1990年代にイスラエルと合意し、パレスチナ政府はヨルダン川西岸地区の主要都市を支配しているが、イスラエル軍が領土の6割を支配している。

パレスチナ警察は、許可を出すことを拒否できるイスラエル人と事前に調整しない限り、地方の村の多くに入ることができない。

こうしたイスラエル側による規制と、パレスチナ政府が直面する慢性的な資金不足により、新型コロナウイルスを封じ込めようとする取り組みが進まなかった。

そこで、パレスチナ警察はボランティアに仕事を手伝うよう要請した。

パレスチナ内務省はその計画を承認し、封じ込め策の鍵だと考えている。

ヨルダン川西岸地区は、数週間にわたってほぼ完全に封鎖されているが、250人の新型コロナウイルス感染が確認されている。

アイン・ヤブロードでは感染者は確認されていないが、東に約1.5キロメートル(1マイル)離れたDayr Jarir村にはのコロナウイルス感染者が数人いる。

6日にアイン・ヤブロードの検問所に近づいた運転手は全員停止させられた。

Samhaさんは、体温が高い人全員に、せきや違和感の有無を確認するため、10~15秒間息を止めるよう命じた。

新型コロナウイルスの症状を示す人がいれば、近くのラマラの職員を呼び、検査をしてもらった。

他のボランティアたちは渡航者の身分証を確認し、どこから来たのかを特定した。

多くの感染者が確認された町や市から来た人々は追い返された。

Mohammed Hawihさんは、村の検問所を担当しているのだが、人によって手続きが違うとAFP通信に話した。

「一部の場所の住民は、村に立ち寄り、物を買うことが許されていますが、他の町や村から来た人たちは許されていません」と彼は話した。

しかし彼は、アイン・ヤブロードの検問所は「愛の障壁」と呼ばれており、全ての人を保護するために設計されたことを指摘した。

Hawihさんらによると、民間人による検問所は、パレスチナの主要都市から遠く離れた小さな村や難民キャンプで新たな感染者が続出していることに対応しているのだという。

別の場所にいるボランティアたちはZelloを使って連絡を取る。トランシーバーのように機能するアプリだ。

民間人保護者のための制服を作った村もあり、アイン・ヤブロードの隣のDura Al-Qaraの検問所のスタッフは、村議会の名前が書かれた黄色の服を着ていた。

アイン・ヤブロードの検問所では、パトロール中や捜索中にイスラエル軍が村に侵入するのを防ぐことが主要な優先事項となっている。

イスラエルでは9000人以上の新型コロナウイルス感染が確認されており、パレスチナ人は、イスラエル軍によってヨルダン川西岸地区でさらに感染が拡大することを恐れている。

Hawihさんは、何度か兵士の進路を塞ぎ、追い返したと言った。

イスラエルでの仕事から最近帰ってきた数千人のパレスチナ人によって、ヨルダン川西岸地区で感染者が急増する可能性についても懸念が高まっている。

6日に大型トラックがDura Al-Qaraに到着した時、運転手は後部ドアを開けるように言われた。彼は身分証明書と行き先を確認された後、通行を許可された。

検問所のスタッフは、強制検疫に入る代わりに、イスラエルから戻った後に村を見つからないように通り抜けようとする人を見張っていると述べた。

検問所の職員であるAbdul Rahman Husseinさんは、イスラエルから帰ってきた人を探すことは市民としての義務だと述べた。

「中央政府にいる兄弟たちは、この地域にいる私たちと連絡を取ることはできませんが、緊急のことがあれば、彼らは来ます」

彼は他の地元の検問所と協力し、「これまでのところ、4人の病人を捕まえました」と述べた。目的は検疫の回避だ。

AFP

Most Popular
Recommended

return to top