Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • EUのボレル外交政策局長がベイルートを再訪、危機について議論

EUのボレル外交政策局長がベイルートを再訪、危機について議論

2021年7月12日、ブリュッセルのEU本部で共同記者会見を行うジョセップ・ボレル欧州連合外務・安全保障政策上級代表。(AFP)
2021年7月12日、ブリュッセルのEU本部で共同記者会見を行うジョセップ・ボレル欧州連合外務・安全保障政策上級代表。(AFP)
12日月曜日、ベイルートでの会議中の3人の大使。(提供)
12日月曜日、ベイルートでの会議中の3人の大使。(提供)
南部の町アノウトで、若い患者のための集中治療室の設置を要求するデモ参加者。(提供)
南部の町アノウトで、若い患者のための集中治療室の設置を要求するデモ参加者。(提供)
シドンのトラックドライバーは、抗議活動の一環として、レバノン南部への唯一の入り口であるアワリ橋で道路を封鎖した。(提供)
シドンのトラックドライバーは、抗議活動の一環として、レバノン南部への唯一の入り口であるアワリ橋で道路を封鎖した。(提供)
Short Url:
13 Jul 2021 06:07:54 GMT9
13 Jul 2021 06:07:54 GMT9
  • レバノン支援のため、サウジ・米・仏の外交協議を継続
  • 中央銀行、強制的な金準備の維持を約束

ナジャ・フーサリ

ベイルート:EUのジョセップ・ボレル外交安全保障上級代表は、13日火曜日にレバノンを訪問し、当局者と会談する予定である。

ボレル氏は、3週間前の前回訪問時から「レバノンの状況は改善されていない」と述べた。

12日月曜日には、EU外務理事会がレバノン危機について議論した。

ドイツの通信社DPAによると、理事会は、レバノンの民主主義を損なっていると考えられるレバノン政府関係者に対する制裁措置の採用を正式に承認する可能性があるという。

しかし、EUの外交官たちは、「技術的、司法的に多くの未解決の点があるため、制裁措置を採用する可能性については意見が分かれている」とDPAは付け加えている。

一方、ベイルートでは、ワリード・アブドゥラ・アル・ブカーリ駐レバノン・サウジアラビア大使、ドロシー・シア米国大使、アン・グリロフランス大使による外交会議が開催された。

サウジアラビア大使館での会合は、アメリカとフランスの特使がリヤドでサウジアラビアの関係者と、レバノンへの人道支援と食糧支援のための共同行動計画を策定するための会合を行った数日後に行われた。

アメリカとフランスは、在レバノンのアメリカ大使館とフランス大使館が先週発表した2つの別々の声明を考慮し、レバノンの安定とレバノン軍の保護のために、レバノンへの援助提供の動機付けをしようとしている。

レバノンの経済破綻が加速し、事態が混乱に陥ることが懸念される中、外交努力が活発化している。

アメリカのアンソニー・ブリンケン国務長官、フランスのジャン・イヴ・ル・ドリアン外相、サウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン・アール・サウード外相は先月、イタリアのマテーラで開催されたG20サミットに合わせて、イタリアでこの危機について議論した。

ブリンケン氏は次のようにツイートした。「サウジアラビアとフランスの大臣であるファイサル・ビン・ファルハーン@FaisalbinFarhan 氏およびジャン・イヴ・ル・ドリアン氏@JY_LeDrian と、経済を安定させ、レバノン国民が必要としている救済策を提供するために、レバノンの政治指導者が延び延びになっている改革を実施し真のリーダーシップを発揮する必要性について、重要な議論を行った」。

サウジアラビア大使館は、三者会談後に発表した声明の中で、「共通の関心事に加えて、レバノンと地域で起きている最も重要な政治的動向に焦点を当てて議論した」と述べている。

アメリカ大使館は、今回の外交会談では「レバノンの悲惨な経済状況と、レバノン国民を最も効果的に支援する方法」に焦点を当てたとツイートした。

昨年のベイルート港での爆発事故で親族を亡くした家族の支援者が、12日月曜日に爆発現場の近くで法的措置を支持する抗議行動に参加している。(AP)

会談は、レバノン銀行(BDL、レバノン中央銀行)のリアド・サラメ総裁が銀行の金塊を処分したという噂を同銀行が否定する中で行われた。

BDLは、「レバノンの金は問題なく、手つかずであり、触れられることはない」と再び保証した。

また、金は「一部の人々が願うように、レバノンを溺れさせ続け、レバノンに害を与え、国の利益に全く役立たない目的のために、国がまだ所有しているものを利用するといった担保にはなっていない」と付け加えた。

BDLは、「強制的な準備金も維持する」と強調した。

また、「レバノン経済を再生させるための解決策は、政治家が必要な改革を実施し、内外の信頼を回復する新政府を樹立する責任を負うことである」としている。

レバノンは、近代史上最悪の経済危機に見舞われている。

レバノンの通貨は、1ドルに対して95%以上の価値を失い、20,000LBPに達した。

その結果、購買力が失われ、外貨が不足しているために補助金が解除されている電気、医薬品、燃料、食料品にまで問題が及んでいる。

一方、保健省は、レバノンの深刻な医療品不足の中で、適切な治療を受けることができなかったと家族が語っていた女児の死について、調査を行うことを発表した。

ジュリ・アル=ザイードちゃんは11日日曜日、南部の町アノウトで肺炎のため生後9ヶ月で死亡した。この病院では、感染症の治療に必要な医薬品が不足していたとされている。ジュリちゃんは高熱に苦しんでいた。ジュリちゃんは、必要な小児科医療を提供できない病院に移送された。

この悲劇は、レバノンの人々の間で煮えたぎる怒りの新たな原因となった。

11日日曜日と12日月曜日には、医師を含む多くの活動家がソーシャルメディア上で「国家が自国民を殺しているから」という理由で移住の意思を表明した。

暫定政府の保健大臣であるハマド・ハッサン氏は、医薬品輸入業者のシンジケートとレバノンの薬局経営者の代表団と会談した。

シンジケートの理事会メンバーであるマルワン・ハキム氏は次のように述べている。「輸入業者は、BDLが海外の企業に行わなければならない送金について財務上の技術的問題に苦慮しており、この送金は5月7日以降停止している」。

ハキム氏は、「この問題が解決されなければ、レバノンから薬がなくなるだろう」と述べている。

薬局は、薬局での薬の入手を改善するという目標を達成できなかったが、何日も続いた公開ストライキから12日月曜日に営業を再開した。

薬剤師グループの声明によると、保健大臣が約束を果たさない場合、薬剤師たちは再びストライキを行う可能性があるという。

さらに、薬局は保健大臣が「保健省とBDLの間の合意に基づいて、医薬品に関する詳細な規制を発行するという公約の履行」を待っていると付け加えた。

この合意により、輸入業者は、特に慢性疾患の治療薬、炎症薬、鎮痛剤などの医薬品を発売し、薬局に卸すことができるようになると期待されている。

特に人気
オススメ

return to top