Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • キプロス島西岸でM6.6の地震=米地質調査所

キプロス島西岸でM6.6の地震=米地質調査所

キプロス島の景色。(Shutterstock)
キプロス島の景色。(Shutterstock)
Short Url:
11 Jan 2022 04:01:29 GMT9
11 Jan 2022 04:01:29 GMT9
  • エジプト、トルコ、イスラエル、レバノンでも揺れを観測
  • 1953年のM6.3の地震では40人が死亡し、数百軒の家屋が倒壊

ニコシア:米国地質調査所(USGS)が、キプロス島の西岸でM(マグニチュード)6.6の地震があったと発表した。死者や被害の報告はまだない。

地中海に浮かぶこの島を午前1時7分(グリニッジ標準時)に襲った強い揺れの震源地は比較的浅く、島内の街ポリスの西北西48kmだったとUSGSは述べている。

同調査所によると、地震は島全体や周辺地域に及び、トルコやイスラエル、レバノンなどの遠隔地でも感知された。

USGSの現時点での分析では、死傷者や建物への被害が出た可能性は低い。

今回の地震について、ヨーロッパ地中海地震学センターはM6.5、震源の深さ51 kmと推定している。

キプロスは二次的な地震多発地帯に位置しているが、この規模の地震は珍しい。

近年で最大のものは1996年のM6.8の地震で、西岸の街パフォスで2人の死者を出した。

1953年のM6.3の地震ではパフォスに被害が集中し、40人が死亡したほか、数百軒の家屋が倒壊した。

AFP

特に人気
オススメ

return to top