Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 物価高騰で苦境に立つパレスチナの人々

物価高騰で苦境に立つパレスチナの人々

東エルサレムのイスラム教ワクフ局は、礼拝者を迎える準備、宗教セッションの計画、無料の食事配布など、アル・アクサ・モスクでのラマダンの準備を完了した。(提供)
東エルサレムのイスラム教ワクフ局は、礼拝者を迎える準備、宗教セッションの計画、無料の食事配布など、アル・アクサ・モスクでのラマダンの準備を完了した。(提供)
Short Url:
02 Apr 2022 07:04:28 GMT9
02 Apr 2022 07:04:28 GMT9
  • 賃金カット、食費高騰で一層不安なラマダンになる、と専門家が指摘

モハメド・ナジブ

ラマッラー:必需品の価格高騰と失業率の上昇に直面し、ラマダンの準備に苦労しているパレスチナ人が増加していると、消費者専門家が警告する。

ここ数週間、基本的な日用品や燃料の価格が前例のないほど上昇し、収入への圧迫も相まって、聖月を前にパレスチナ自治区の多くの人々の間では一層不安が高まっている。

大幅な価格上昇に収入が追いついておらず、中・低所得者層にはさらなる負担となっている。

パレスチナ自治政府の財政危機が深刻化する中、多くの人がラマダンに伴う社会的な義務や出費の増加に直面する時期に、約14万人の公務員は月給の75〜80%しか支払われていない。

パレスチナ政府高官はアラブニュースに対し、政府は、職員への支払いの額と割合は、イスラエルが自国に代わって徴収した税金資金の受取額に基づいて決定すると述べた。

残念ながら、ラマダン期間中は、肉、鶏肉、野菜の価格が劇的に上昇するでしょう。不当な上昇です。

パレスチナ消費者保護協会のサラ・ハニエ代表

「政府はラマダン中の従業員の義務を理解し、彼らの苦しみと経済的苦難を軽減するために最大限の努力をしている」と彼は言った。

肉や野菜、日用品、そして医薬品は、当局が物価の高騰を抑えることができなかったため、より高価になっている。

同時に、パレスチナ市場はイスラエル経済と結びついており、世界的なエネルギー価格への圧迫の中でイスラエル経済も圧迫されているため、燃料費が大幅に上昇する懸念も高まっている。

パレスチナ消費者保護協会代表のサラ・ハニエ氏はアラブニュースに対し、ラマダンを前にパレスチナ人の購買力が大幅に低下し、公務員の給与が制限され、パレスチナ自治区での失業や貧困も高水準にあると指摘した。

同協会は国民経済省と協力してラマダン明けまで値上げを延期し、また、祝祭中の価格を監視するよう商工会議所や各自治体と調整したという。

「残念ながら、ラマダン期間中は、肉、鶏肉、野菜の価格が劇的に上昇するでしょう。不当な上昇です」

消費者保護協会は、消費者からの苦情に対応するため、ソーシャルメディアのページや電話番号を開設している。これらは当局に転送され、違反者の追跡調査や処分が行われるという。

しかし、ハニエ氏によると、粉や小麦などの基本的な食料品は十分に供給されており、当局はラマダン期間中の需要に対応するため、新たに家畜の輸入許可を出したという。

一方、東エルサレムのイスラム教ワクフ局は、礼拝者を迎える準備、宗教セッションの計画、無料の食事配布など、アル・アクサ・モスクでのラマダンの準備を完了した。

必要な場合は救急隊員が即座に医療支援を提供するよう居合わせる予定で、パレスチナ赤新月社は金曜日に23台の救急車をアル・アクサに配置した。

局高官はアラブニュースに対し、彼がイスラエル人入植者のアル・アクサへの侵入と呼ぶものについて、こう語った。「イスラエル政府と警察が賢明になり、モスクに来るイスラム教徒の感情を刺激することを防ぐよう望んでいます」

イスラエル当局は、ラマダンの間、ヨルダン川西岸の約300万人のパレスチナ人に施設を提供し、礼拝者が金曜日の礼拝にアル・アクサ・モスクを訪れることができるようにすると約束している。

しかし、イスラエル市民を狙ったテロが相次ぐ中、警備の取り締まりを受け、まだ認可に至っていない施設もある。

特に人気
オススメ

return to top