Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 気候変動会議の後、各国指導者がエジプトの観光地を訪問

気候変動会議の後、各国指導者がエジプトの観光地を訪問

Short Url:
20 Nov 2022 03:11:54 GMT9
20 Nov 2022 03:11:54 GMT9

カイロ:シャルム・エル・シェイクでのCOP27(第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議)サミットへの参加を終えた数人の国王、大統領、指導者、高官、外交官は帰国前、エジプトの遺跡に足を運び、特に有名なピラミッドとカイロの国立エジプト文明博物館を訪問した。

シナイ半島の聖カタリナ修道院には、キプロスのファーストレディであるアンドリ・アナスタシアディス氏をはじめ、多くのVIPが訪れた。

ピラミッドと博物館には、クック諸島のマーク・ブラウン大統領、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領、トンガ国王のツポウ6世が訪れた。

カイロ博物館には、女優のステファニー・ボアーズさんと、副大統領を団長とするインドネシア代表団が訪れた。

同博物館はこれに先立ち、ギリシャやキプロスの代表団の訪問も受けていた。

スペインのソフィア王女が代表団とともに同館を訪れた。同王女は、アフメド・ゴネイム館長に現場に案内された。彼女は、エジプトのファティミッド時代の染料などの遺物について説明を受けた。スペイン王室の人々は、アイン・アル・シラ湖を見下ろす地区やオープンシアターを訪問した。

ゴネイム館長は、ソフィア王女を博物館のさまざまなホールに案内し、先史時代から現代までのエジプトの文明の歴史を物語る貴重な美術品を紹介した。

また、ソフィア王女は同館の文化財保護活動やイベント、美術展についても説明を受けた。

特に人気
オススメ

return to top