Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアとイランの和解をどれだけ楽観視すべきか?

サウジアラビアとイランの和解をどれだけ楽観視すべきか?

Short Url:
13 Mar 2023 12:03:40 GMT9
13 Mar 2023 12:03:40 GMT9

先週、中国が仲介したサウジアラビアとイランの協定について、多くの話題や分析がなされている。しかし、専門家たちは、国交回復と互いの問題への介入を控えるという協定は、まだ初期段階にあることを忘れてはならないとしている。40年にわたるイランの敵意と地域の安全保障に与えた影響が一夜にして消え去るとは考えられない。

とはいえ、サウジアラビアの指導者が和平のチャンスを与えなかったのは、無責任かつ非論理的であったと言える。彼らは、この紛争において、テヘランの指導者よりもはるかに多くの利害関係を持っている。

イランが1979年の時点に留まることを希望するのであれば、それは指導者の決定である。サウジアラビアは「ビジョン2030」を掲げ、経済の多様化、新分野の開拓、観光客の誘致、世界的なスポーツやエンターテインメントのイベントの開催を目指している。迷惑な隣国からの日々の脅威がなくても、これらの目標は必ず達成できるはずである。

ここ数日で判明した情報は、希望に満ちたものである。イラン外務省は、イランが支援するフーシ派民兵がサウジアラビアの市民や都市を標的にしているイエメンについて、リヤドとの良好な関係が解決につながるかもしれないと述べた。これは歓迎すべきニュースである。

情報筋によると、中国の取り組みは、昨年12月の習近平国家主席の訪サウジ時に始まったものである。つまり、北京はこの取り組みを成功させただけでなく、3カ月という記録的な期間で成功を収めたことは称賛に値する。これは中国の効率性を証明するものである。

北京はこの取り組みを成功させただけでなく、3カ月という記録的な期間で成功させたことは称賛に値する。これは中国の効率性を証明するものである。

ファイサル・J・アッバス

イランの悪質な活動が中国の国家安全保障やその他の利益を脅かしていることが、指導者レベルの会話で明確に説明されたようだ。中国は、サウジアラビアから1日170万バレル以上の石油を輸入しており、これは中国が機能不全に陥らずに製造を続けるために不可欠なものである。イランやその民兵がサウジアラビアの石油インフラを攻撃すれば、中国も影響を受ける。また、イランの行動が海洋の安全を脅かすと、中国は必要な石油を受け取ることができず、その製品は中東の巨大な市場に到達することができない。

中国の輸出と「一帯一路」構想にとって、別の機会も失われている。シリア、レバノン、イラク、イエメンが積極的に中国製品を消費していたら、どれほど良かったか。しかし、これらの国々は代わりに機能不全に陥り、破綻した国家になってしまった。その原因は完全にイランの干渉にある。

以前に述べたように、中国はこの地域で中立的な立場をとっており、植民地支配の過去や侵略の歴史もない。中東のほとんどの紛争において、中国は中立を守り、貿易や通商に重点を置いた政策を取ってきた。

イランに対する影響力においては、中国に優位性がある。北京はイランに対し、25年間で4000億ドル(石油・ガス開発で2800億ドル)の投資を約束した。中国はイランにとって最大の貿易相手国であり、核・軍事技術も輸出している。この協定を守ることで、北京は世界の大国としてのイメージに大きな危機感を抱いているが、イランが協定を守ることで信用を獲得することもできる。

問題は協定が守られるかどうかだ。簡潔に言えば、時間が答えを出すことになる。私の楽観主義者側は、テヘランが支援するイラク、レバノン、シリアなどの悪質な活動が停止することを望み、このような状況が起きることを願っている。しかし、現実主義者側は、イランの協定を遵守する実績は不確かであると考えざるを得ない。そのため、リヤド当局者がテヘラン当局者よりも長期的な視野で協定に同意したことは理にかなっている。

ワシントンの専門家たちは、この協定が定着して進展すれば、実際にアメリカの利益につながることを再認識すべきである。

ファイサル・J・アッバス

この協定に対して、米国の一部専門家は懐疑的な見方を示し、否定的な意見もある。しかし、ワシントンの経験豊かな専門家たちは、この協定が実現すれば、アメリカの利益につながることを再認識する必要がある。例えば、紅海と湾岸での海上安全保障、軍事作戦のコスト削減、製造業や雇用の市場拡大などがあげられる。

一方、これらの懐疑論者は、民主党のバラク・オバマ前大統領が現職のジョー・バイデン大統領と同様に、2016年にアトランティック誌のインタビューでサウジアラビアとイランが「共存」することを学ぶ必要があると単純化して述べたことを忘れているようだ。つまり、リヤドは米国のアドバイスを聞いても聞かなくても不幸になるという状況に置かれているということだ。

ただし、重要なことは、この画期的な協定が成功することであり、その成功がこの地域だけでなく世界全体にプラスの影響を与える可能性があることである。そのため、米国とその他の国際社会は、あらゆる方法でこの協定を支援する必要がある。もし協定が成功すれば、リヤドの指導者たちは、中国の偉大な戦略家である孫子の「兵法」のアドバイスである「戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり」という言葉を実践したことが評価されることになるだろう。

  • ファイサル・J・アッバス氏はアラブ・ニュースの編集長。

Twitter: @FaisalJAbbas

特に人気
オススメ

return to top