Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 今こそ、新しいレバノンを構築する時である — 安定し、繁栄し、そして寛容な国を

今こそ、新しいレバノンを構築する時である — 安定し、繁栄し、そして寛容な国を

フランス軍の一員は、2020年8月31日にベイルートのベイルートの港湾地域で起こった大規模な8月4日の被害を受けた場所で働いています。(AFP)
フランス軍の一員は、2020年8月31日にベイルートのベイルートの港湾地域で起こった大規模な8月4日の被害を受けた場所で働いています。(AFP)
Short Url:
01 Sep 2020 08:09:52 GMT9
01 Sep 2020 08:09:52 GMT9

レバノンが100周年を迎える今、私たちの国を取り巻く危機は、すべてのレバノン人に、私たちが再び安定し、繁栄し、そして寛容な国になるための道を歩むために何をすべきかを考えることを強いている。

レバノンは、オスマン帝国の崩壊とレバノン山の人口の半分が亡くなった残忍な飢饉の後に創設された。その後に続いたのは、大きな転換点と政府の全面的な改定である。

今日、レバノンは大きな経済的および人道的危機に直面している。私たちのシステムは崩壊している。私たちは今、100年前と同じような根本的で包括的な対応が必要とされるもう一つの大きな転換点に立っている。新しいレバノンを築き上げる準備をしなければならない。

現在の課題は計り知れないものである。政府は、人々に最も基本的なサービスを提供したり、人々を内部および外部の脅威から守ることができない。蔓延した腐敗と無能さが国家の足かせとなり、人々は自力で何とかやっていくことを余儀なくされている。

8月4日のベイルート港での悲劇的な爆発は、レバノン社会を苦しめている恐ろしい病気の症状の現れである。寄生するエリートたちは、ウォーターフロントの倉庫にいつまでも残されている危険性について繰り返し警告を受けたが、それに取り組むことを拒否し、一般の人々がその結果甘受するに任せた。

政府のその後の総辞職は、真のエリートが説明責任を回避するための明らかな策略であった。政権樹立のプロセスを長引かせ、自ら以外のすべての人を非難することによって、軍閥のリーダーと民兵組織からなる支配体制は彼らが再び幅を利かせるための時間稼ぎをしている。

これは受け入れがたいことである。同じ人々が支配する同じシステムは、同じ結果を生むだけであり、こうした結果が私たちの国を崩壊させてきたのだ。人々は何ヶ月もの間、全面的な変化を求め、「すべてというのはすべてである(All of them means all of them.)」と叫び続けてきた。

つまり、レバノンの窮状を招いた責任者 (ヒズボラなどの民兵組織や過去15年間にわたり彼らに従ってきた軍閥のリーダーによる政府を擁護してきたすべての人を含む )は、将来、そこに参加すべきではない。私たちは人々、特に若者に希望と安定を与え、地域社会に新しい未来のビジョンを与える必要がある。

ここからどこへ進むのか?私たちは権限のある革新的な暫定政府から始めなければならない。ムスタファ・アディブ氏を含め、現在、凝り固まった政党が首相に推している人物は受け入れられない。

私たちは真の意味で独立した暫定政府を必要としている。暫定政府は、路上からゴミを収集することだけを委されることがしばしばだが、私たちには、この国の政治システムに散らかっているゴミをすべて取り除くことができる政府が必要である。

既得権益は、暫定政府に根本的な改革を行う権限がないと示唆することにより、暫定政府を弱体化しようとするだろう。路上で行進する若者や廃墟となった家に座っている家族以上に明確で緊急な付託など必要だろうか?

才能のある献身的で独立した専門家からなる新しい暫定政権は、国内や国際的な支援を受け、ライトを元通りに点けることからレバノンの大規模な憲法改正にいたるまで、根本的な課題に取り組む必要がある。

最も差し迫った課題は、ベイルートを再建し、国際通貨基金との緊急取引を確保して、財政を回復することだ。これはレバノンの人々が主導する必要があるが、私たちはそれを単独で行うことはできまない。私たちは国際社会からの透明で説明責任のある財政的および開発上の支援が、それを必要とする人々に確実に届くように提供されることを切望している。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領などの国際的なパートナーは、このための重要な同盟者であり、私たちはこのプロセスを通じて支援してくれる彼らの長期にわたる関与を必要としている。その後、暫定政府は、これまでレバノンを抑圧してきた既得権益と腐敗した役人のシステムを系統的に一掃しなければならない。

ヒズボラのような民兵組織は国にとって明白かつ現在の危機であり、武装解除して解体し、政府を有毒な「国家の中の国家」から解放しなければならない。すべての機関(司法、治安機関、さらには港湾当局も)を浄化し、派閥の利益を実利主義に置き換える必要がある。

レバノンの将来にとって最も重要なのは、暫定政府が憲法改正のプロセスを監督することである。このプロセスは、レバノンの内戦を終わらせた和平合意からその権限を奪う可能性がある。そしてそれは、こうした憲法改正を要求したが、国を支配するようになった軍閥のリーダーたちによってまだ実現されていない。

少数派を保護し、レバノンの人々の権利と自由を謳った新しい非信条主義的憲法に同意することにより、私たちが愛するレバノンが戻ってくるだろう。このレバノンはこの地域の中立国となり、アラブの近隣諸国すべてと良好な関係を維持し、すべての友好諸国からの市民や投資を歓迎するだろう。レバノンが地域紛争の戦場であり続けることは許されない。

私たちは歴史上の重大な分岐点に立っている。私たちは今、レバノンの将来の行方を変える機会を得ている。私たちはこの機会を捉え、レバノンの次の100年が最初の100年よりも平和で繁栄するという希望を生み出す必要がある。

*バハー・ハリーリー氏はレバノンのラフィーク・ハリーリー元首相の長男

特に人気
オススメ

return to top